Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

BUCK-TICK ライヴレポート

【BUCK-TICK ライヴレポート】 『ロクス・ソルスの獣たち』 2019年5月26日 at 幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール

2019年05月26日
@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール

単独としてはBUCK-TICK初の幕張メッセ公演。所謂レコ発ツアーではないライヴは、それこそ、この日の最後に2019年の開催日が発表された『THE DAY IN QUESTION』があるように、彼らにとって決して珍しいものではないが、公演名に“ロクス・ソルス”という聞き慣れない単語があったことから、どんなステージになるのか、ファンの間では早くから憶測を呼んでいたと思う。しかし、いざ開演すれば、ヤガミ・トールの抜けのいいスネアドラム、今井寿と星野英彦のノイジーなエレキギター、それらを低音でつなぐ樋口豊のベースが鳴って、その中心に櫻井敦司の声があれば、それはもうBUCK-TICK以外の何者でもない。安定感は他の追随を許さない、まさしく不動のものだと確信させられた。

中盤での「相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり」の演奏が終わった時、近くにいた観客のひとりが思わず“こんな昔の曲もやるんだ!?”と少し驚いたように話していたのがたまたま耳に入ったのだが、その口をついて出た台詞がこの日の内容を端的に表していたと言える。現在、絶賛発売中の最新シングル曲である「獣たちの夜」「RONDO」や、昨年の全国ツアー『TOUR No.0』で披露された楽曲、さらには代表曲「ICONOCLASM」は演奏されたものの、上記「相変わらず~」の他、「謝肉祭-カーニバル-」やアンコールでの「愛ノ歌」など、“ライヴで聴くのはいったいいつ以来だろう?”と考えてしまうような、所謂レアな楽曲がセットリストに並ぶ。「Tight Rope」もアルバム『COSMOS』(1996年)に収録されたオリジナルのアレンジで披露されていた。

本公演の主題は“ロクス・ソルス(人里離れた場所)=リスナー、ファンの記憶の奥深いところ”にある楽曲たちの解放にもあったようだ。アンコールでのアコースティックセットでの演奏も相当に新鮮だった。ほぼノンエフェクトでのバンドアンサンブルを公に響かせるというのはBUCK-TICK史上初めてのことだったという。言うまでもなく、各人の演奏は上手く、それが重なり合って生まれるサウンドは貫禄のグルーブ。“どんな形態でも自分たちが演ればロックになる”と言わんばかりの、BUCK-TICKのプライドを改めて見せつけられた。

なお、前述したようにライヴの最後には、毎年恒例であった12月29日の日本武道館公演が、今年は国立代々木競技場第一体育館で行われること、そしてツアー『THE DAY IN QUESTION 2019』の開催が発表された。

撮影:田中聖太郎写真事務所/取材:帆苅智之

BUCK-TICK

バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。