Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

LOVE PSYCHEDELICO ライヴレポート

【LOVE PSYCHEDELICO ライヴレポート】 『LOVE PSYCHEDELICO Premium Acoustic Live “TWO OF US”Tour 2019』 2019年5月26日 at 横浜LANDMARK HALL

2019年05月26日
@

LOVE PSYCHEDELICOのアコースティックライヴツアー『LOVE PSYCHEDELICO Premium Acoustic Live“TWO OF US”Tour 2019』が5月26日、神奈川・横浜LANDMARK HALLからスタートした。

『TWO OF US』はデリコが不定期で行なっているアコースティックライヴで、バックバンドを従える形式ではない、文字通りふたりだけによるステージが楽しめる。そんなプレミアムなショーが、今回は全国18都市20公演のツアーとして開催されることになった。なお、同日より『“TWO OF US”Acoustic Session Recording at VICTOR STUDIO 302』のBlu-rayもレーベルサイト『SPEEDSTAR CLUB』および会場限定で発売中なので、併せてチェックしてみてほしい。

“今日は来てくれてどうもありがとう。『TWO OF US』は2014年から東京を中心に少しずつやってたんですけど、こうして全国を回るのは初めてになります”(KUMI/Vo&Gu)
“KUMIさん出産おめでとうございます。子供も生まれたことだし、もともとは2~3本弾き語りとかどうかなって話だったのにね。結局20本になっちゃいました(笑)”(NAOKI/Gu&Ba&Key)

ツアー初日とはいえ、リラックスしていて硬さを感じさせないふたり。ステージはアコギをはじめ、マンドリン、ブズーキ、ラップスティールなどさまざまな楽器が並ぶ、まるでプライベートスタジオのような空間で、椅子に座ったKUMIとNAOKIが曲ごとに持ち替えパフォーマンスしていく。楽器を弾くこと、ハーモニーを重ねること、音楽を奏でることを、今なお自然体のまま楽しみながら。“みんなと私たちをつなげてくれるきっかけになった曲かも”とKUMIが紹介した「Your Song」、NAOKIのブルージーな長尺ソロで沸いた「裸の王様」、代表曲「Last Smile」からまさかのレアナンバーにカバーまで、原曲にリアレンジを施し、歌詞とメロディーが真っ直ぐに伝わるアコースティックならではの芳醇さで贅沢に聴かせる中、濃い目のチューニング解説があったりするのも嬉しい。ふたりだけでこんなに多彩に表現できるのもお見事! 自分たちでスタジオを作ったり、アメリカに長期滞在したり、DIYで築き上げてきた地力の凄みが思い返されるライヴだった。しかも、このツアーはデリコが独自設計した特注スピーカー14台の導入で、ヤバいくらい音がいいですよ。9月末まで続くので、ぜひお見逃しなく!

撮影:Yosuke Torii/取材:田山雄士

LOVE PSYCHEDELICO

ラブ・サイケデリコ:KUMIとNAOKIによるユニット。日本語と英語がミックスされたKUMIのヴォーカル、NAOKIの印象的なギターリフはもはやトレードマークとなった。2000年のシングル「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」でのデビュー以降、数多くのヒットを量産。2015年にデビュー15周年を迎え、さらなる躍進を続けている。

SET LIST

試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。