検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

LUNA SEA ライブレポート

【LUNA SEA ライブレポート】 『LUNA SEA LUNATIC X’MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- SEARCH FOR MY EDEN』 2018年12月23日 at さいたまスーパーアリーナ

2018年12月23日
@

LUNA SEAのクリスマス恒例のライヴ、『LUNATIC X’MAS』の2日目。この日は今から25年前の1993年に行なわれた全国ツアーと同じタイトル“SEARCH FOR MY EDEN”と名付けられ、LUNA SEAの歴史を振り返りながらも、現在、そして未来への展望につながる内容へと再構築された。

この日にセットリストに入ると予想された楽曲は、前日の『IMAGE or REAL』以上に長年封印されていたものが多く、オーディエンスの間でも、果たしてどのような演奏が聴けるのか?という期待が高まっていた。まずは「JESUS」「Déjàvu」と近年のライヴでもお馴染みの楽曲で会場の熱を上げる。左が長く右側が短いアシメントリーな髪型で当時の雰囲気を作り上げたRYUICHI(Vo)は、“みんな全部知っているじゃん? だけど、今日はきっと何か新しいLUNA SEAを感じられると思うんでね。だから、みんな爆発していこうぜ! 飛ばしていこうぜー!”と会場を煽る。そして、ポップな勢いのある「ANUBIS」が始まると大歓声があがった。さらに、歌詞が女性目線で書かれたジャジーで小粋な「STEAL」からJのベースでつなぐ「LAMENTABLE」、INORANのアコギから始まる甘い夢に漂うような「RECALL」など次々にプレイ。

“LUNA SEAも30周年を迎えるわけだけど、過去の自分たちの足跡をしっかり振り返ると、すごい歴史があるんだよね。俺たちがやってきたことっていうのは無謀であったり、めちゃくちゃであったり...。でも、何かLUNA SEAって筋が通っているっていうか。すごくそれを感じて、今回もめちゃくちゃ楽しいんですけど”“星の数ほどバンドはいるし、みんな同じことを考えているのかもしれないけど、やっぱりLUNA SEAの道をこれからも5人で行きたいと思います”とRYUICHIは語る。

そして、このライヴでオーディエンスの度肝を抜いたのは、そのあとに演奏された1stシングル「BELIEVE」のカップリングナンバーで、“閉所恐怖症”を意味するタイトルの「Claustrophobia」。青いライトが点滅し、カツカツと真矢のドラム音が流れた瞬間、会場に緊張感が走る。地の底から這い出るようなRYUICHIのヴォーカルが重々しく絡み付く。正確に刻まれるINORANのギターが逆に不安感を煽る中、RYUICHIは交互に高音と低音を操り、次第に熱が高まっていく。ついには《逃げ場さえなかった》と叫び、感情を爆発させて全てをなぎ倒していく。そして、訪れる沈黙。嵐が去ったかと思いきや、Jが奏でるベースの不穏な低音が続き、SUGIZOのギターが警告音のように鳴り響き、ダメ押しで絶叫するRUIICHI。言葉を失うほど圧倒的なパフォーマンスを目の当たりにし、息をつめて見ていたオーディエンスは惜しみない拍手を送った。LUNA SEAの楽曲は日常生活で抱く表面的な感情ではなく、時間や空間を飛び越えて、根源の意識に訴え掛けてくるエネルギーを持っている。だからこそ、生々しく心に響いてくるし、逆に日常から切り離されていて、神々しくも聴こえてくる。25年も前にこんな楽曲を作った彼らの才能を改めて感じながら、熟成されたスキルで再現された楽曲を体感できる喜びに、オーディエンスはおおいに浸った。

RYUICHIは“とってもライヴしていて楽しいんだけれど。今日さ、今までの過去、全て超えてみない?”とオーディエンスを焚き付け、アルバム『EDEN』でラストを飾っていた「STAY」へ。さきほど「Claustrophobia」で闇の世界を描いていたバンドと同じとは思えないくらい、会場を陽の空気に染め上げてしまう。このふり幅の広さ、自由自在さもLUNA SEAの魅力だ。そのあとに演奏されたシングル曲「IN MY DREAM」や「BELIEVE」と明るさと輝きを纏まった曲へ導く役割を担っていた。

アンコールを求めるオーディエンスはスマートフォンのライトを光らせ、クリスマスライヴで恒例となっている「きよしこの夜」を合唱する。それに応えるかたちで、LUNA SEAの美しいクリスマスソング「HOLY KNIGHT」を演奏してクリスマスを祝福。七色に光るレーザーが会場を照らし、最新アルバム『LUV』からの「BLACK AND BLUE」が過去から現在へと戻してくれる。この曲も前日の「Hold You Down」と同じく今年のツアーで育っていったナンバー。後半、ドラムに乗って一気に加速しながらシンガロングする場面は、5人とオーディエンスとの強固な絆を感じさせ、すっかり新しくLUNA SEAを象徴する一曲となっていた。ラストの「WISH」を終える瞬間、RYUICHIはあふれる感情をぐっと抑えるように天を見つめる。その一瞬の表情に、彼らがこれまで5人が重ねてきた年月の重さを感じた。

RYUICHIの口から来年30周年を迎え、5月29日にSLAVE(ファンクラブ)限定フリーライヴ、5月31日と6月1日には日本武道館2デイズが行なわれることが発表される。INORANは“来年は30周年アニバーサリーイヤー。今から始まるから。一緒に見たことない景色、見たことのない幸せな空間を作ろうぜ!”と力強く宣言した。自分たちの道を突き進む5人は、アニバーサリーイヤーもあっと驚く活動を見せてくれるに違いない。

撮影:LUNA SEA Inc./取材:桂泉晴名

LUNA SEA

ルナシー:1989年、町田プレイハウスを拠点にライヴ活動を開始(当時の表記は“LUNACY”)。90年にバンドの表記を“LUNA SEA”に変更し、翌91年に1stアルバム『LUNA SEA』をリリース。そして、92年にアルバム『IMAGE』でメジャーデビューを果たす。00年12月26日&27日の東京ドーム公演を最後に終幕を迎えるが、07年12月24日の満月のクリスマスイヴに東京ドームにて一夜限りの復活公演を経て、10年に“REBOOT(再起動)”を宣言。13年12月には13年5カ月振りとなる8枚目のオリジナルアルバム『A WILL』を発表する。その後、バンド結成25周年を迎え、自身初の主宰フェスとなる『LUNATIC FEST.』も開催し、17年12月には9枚目のオリジナルアルバム『LUV』をリリース。

関連ライブレポート