検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

Gacharic Spin ライブレポート

【Gacharic Spin ライブレポート】 『Gacharic Spin TOUR 2018 「Go Luck!」TOUR FINAL』 2018年12月23日 at TBS赤坂ACTシアター

2018年12月23日
@

Gacharic Spinがツアー『Gacharic Spin TOUR 2018「Go Luck!」』の最終公演を、12月23日にTBS赤坂ACTシアターにて開催した。タイトルに掲げた“Go Luck!”とは、バンドのポリシーでもある“エンターテインメント”を日本語で言えば“娯楽”となることから、これから別々の道を歩むことになるパフォーマー1号のまいとGacharic Spinに向けて“Go Luck!”、そして5人の幸せ“5 Luck!”と、いろいろな意味を込めて付けられたもの。さらに、本ツアーは来年の結成10周年に向けた9年間の総括でもあり、そのファイナルはさまざまな想いが詰まったステージとなった。

オープニングの「NEXT STAGE」からフルスロットル! パワフルなポップチューンが観客のテンションを着火し、さらに「KAKUHEN」「Redline」とアッパー曲の連続投下で焚き付ける。歴代のアルバムの1曲目を飾ったナンバーの3連チャンでフロアーは十分に出来上がった。その後もサポートのガチャダン・ジュニア3名と一緒に、LEDの手袋を着用した「JUICY BEATS」、寸劇(コント?)から入った「My bird」、TOMO-ZO(Gu)がヴォーカルを務めるアイドルチックな「ファイナルなファンタジー」、さらに最新作のカバーミニアルバム『Go Luck!』収録曲など、Gacharic Spinらしいエンタメ要素の強いナンバーを次々と披露。また、年内いっぱいで脱退するまい(Performer1号)をフィーチャーした、ガチャガチャダンサーズ名義の「溶けないCANDY」、歌詞はまいがイメージという「ガンバンバダンサー」もあり、9年間の締め括り&現体制最後らしいメニューが用意されていた。

そして、アンコールのステージでは、まいが脱退に至った想いや各メンバーとガチャマン(男性ファンの呼称)&ガチャピン子(女性ファンの呼称)への感謝の気持ちを綴った手紙を涙ながらに読み上げ、そんな彼女へバンドからバラード「またね」が贈られる。しんみりとしたムードとなってしまったが、“最後は笑顔で終わりましょう”とのF チョッパー KOGA(Ba)の言葉から「Shake Hip!」へ。パーティー感全開のアゲアゲのナンバーに会場が揺れ、最後はアンセム「GS Gacha 2012」を身振り&コールして大団円。年内あと数本を残すが、ツアー『Go Luck!』の終幕によって、Gacharic Spinにとってのひとつの節目を終え、10周年へのスタートが切って落とされた。

全メニューを終えたあと、“来年は最低でも3カ月くらいはライヴをやれないと思います。新しい体制を作るのに時間をください。新しいバンドを作るくらいの覚悟で進んでいきたいと思います。10周年を迎えるんじゃなく、10周年に挑んでいきたい。それがGacharic Spinだと思うので”とリーダー・KOGA。これまでの9年間を紐解くと、幾度となく壁にぶち当たってきたが、それを逆にエンターテインメントに変えて乗り越えてきただけに、バンドを代表する彼女の言葉は10周年に向けての覚悟と決意だと言える。そして、最後にガチャマン&ガチャピン子に“ガチャダン・シニア”としてのサポートを懇願。10周年を迎えたGacharic Spinがどんなバンドになって戻ってくるのか、それをガチャダン・ジュニア&シニアがどう盛り上げていくのか、今から期待している。...つまり、すでに10周年という彼女たちのエンターテインメントを楽しんでいるということか。

撮影:藤木裕之/取材:土内 昇

Gacharic Spin

ガチャリックスピン:2009年結成。ガチャガチャな個性炸裂のガチャピンサウンドに、はなの芯のある力強いヴォーカルと、オレオレオナの哀愁漂うヴォーカルが絶妙に絡み合い鮮烈なカラーを生み出し、観る者全てに衝撃を与えるほどの圧巻の演奏力、さらに躍動的かつ笑劇的なステージングで、誰もが楽しめるエンターテインメント性の高いライヴを展開。ギター、ベース、ドラムの3人はそれぞれ教則DVDをリリースするなど、メンバー個々でも精力的に活動している。14年10月にインディーズベストアルバム『ガチャっとBEST<2010-2014>』でメジャーデビュー。