検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

超特急 ライヴレポート

【超特急 ライヴレポート】 『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 「Sweetest Battlefield」』 2018年5月27日 at 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

2018年05月27日
@

5月26日&27日に武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで行なわれた『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018「Sweetest Battlefield」』の東京公演は、360度を客席に囲まれたステージで熱いパフォーマンスが繰り広げられた。2日目の模様をレポートする。

アリーナ席のど真ん中に設営されていたセンターステージを覆う円形LEDビジョンが上昇し、大音量のSEが流れる中、メインダンサーのカイ、リョウガ、 タクヤ、ユーキ、ユースケ、バックヴォーカルのタカシが登場。8号車(ファンの愛称)の歓声を360度から浴びた彼らは、1曲目「超ネバギDANCE」の時点で早くも切れ味抜群であった。真っ白な衣装に身を包んだ6人が全方位の客席に向かってパフォーマンスを繰り広げる様が雄々しい。今回のツアータイトル『Sweetest Battlefield』が意味する“もっとも甘い戦場”をまさに体現したオープニングであった。

トロッコでアリーナ席の通路を巡ったメンバーたちが熱い歓声を浴びたり、新曲「SAY NO」で激しいコールが巻き起こったりと、あらゆるエリアにいた8号車は盛り上がりながらどんどんひとつになっていった。「Starlight」以降はメンバーたちが立っていた円形のセンターステージが華やかな照明を浴びながら上昇・回転する演出などが目を引いたが、特に大きな見どころとなったのが「fanfare」。6人各々が大きなフラッグを手にして繰り広げたカラーガードのパフォーマンスは、まるでアクロバット。メンバー同士で放り投げたフラッグをキャッチし合い、空中で回転させたりもするなど、片時も目を離せないスリリングさであった。

メインダンサー5人によるパワフルなダンスパフォーマンスを経て「Fell the light」を皮切りに突入した後半も、ドラマチックな場面の連続となった。センターステージの中心から何本もの火柱が吹き上がる中で披露された「Kura☆Kura」、メンバーと8号車が一丸となって飛び跳ねながら熱い声を上げた「バッタマン」、掲げられたタオルやペンライトが会場全体で一斉に揺れる光景が壮観だった「浮つきWAVES」などを経て、本編は「a kind of love」でさわやかに締め括られた。

アンコールで「Party Maker」と「Burn!」が届けられた後、“今までで初めてというくらいキツいのに楽しい(笑)。魂を削るほど楽しいのがライヴです!”とリョウガが語るなど、怒涛のように展開した今回の公演をメンバー各々が振り返った。そして、ラストを飾ったのは「走れ!!!!超特急」。たくさんの笑顔が煌めいている客席を眺めながら、6人が実に嬉しそうな表情を浮かべていたのが印象深い。このライヴで感じた手応えは超特急をさらに素敵なグループへと進化させるのだろう。そして、10月に放送されることが決定したレギュラー番組『超特急の食べ鉄 タイ編』、年末のアリーナ公演『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH』(12月7日さいたまスーパーアリーナ、12月26&27日大阪城ホール)の情報が終演後に発表されたが、その他にも8月に予定されているニューシングル『Jesus』のリリースや『“超”超フェス』の開催など、たくさんのお楽しみが待っている。今後も超特急は、ますます快進撃を繰り広げるはずだ。

撮影:米山三郎、冨田望、西村廣起、山下陽子/取材:田中 大

超特急

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得! 18年5月から6月にかけて、東西アリーナツアーを開催予定。

関連ライブレポート