検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

FLOW×GRANRODEO ライヴレポート

【FLOW×GRANRODEO ライヴレポート】『FLOW×GRANRODEO 1st LIVE TOUR “Howling”』 2018年1月24日 at Zepp DiverCity Tokyo

2018年01月24日
@

約3年振りに復活した奇跡のユニットによるツアーが実現! 2ndシングル「Howling」発売日である1月24日Zepp DiverCity Tokyoにて、『FLOW×GRANRODEO 1st LIVE TOUR “Howling”』東京公演が開催された。会場を埋める観客の突き上げる歓声で迎えられた7人は互いのカバーを含む全12曲を披露した。

“ツアーを実現するために、リリース時期も考えました。4曲できたらツアーやるしかないですよ!”と取材でもTAKE(FLOW/Gu)が語っていた、待望のツアー東京公演。7人がステージに並ぶ姿だけでも壮観だが、1曲目「New World」の重厚なバンドサウンドとKISHOW(GRANRODEO/Vo)、KOHSHI(FLOW/Vo)、KEIGO(FLOW/Vo)によるトリプルヴォーカルのスケール感に早くも大興奮! 観客も拳をあげて吠声を合わせ、早くも一体となる会場。FLOWの「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」、GRANRODEOの「Can Do」と、FLOW×GRANRODEO仕様にアレンジされた互いのカバーが続くと、”我々、持ち曲4曲なのに気持ちが勝って(ツアーを)やりました!!”とKEIGOが高ぶる気持ちを語る。

e-ZUKA(GRANRODEO/Gu)を加えてのツインギターで魅せたFLOW楽曲、IWASAKI(FLOW/Dr)とGOT'S(FLOW/Ba)のダイナミックなビートが映えたGRANRODEO楽曲と互いの曲を乗りこなし、ユニットの域を超えた息の合った歌と演奏で会場を揺らす7人。力強いユニゾンで始まった「Howling」では各々の個性が爆発! 力強いトリプルヴォーカルにギターのツインリードと、凌ぎ合い高め合う歌と演奏がどこまでも気持ちを高ぶらせ、演奏を終えたe-ZUKAも“今日は気分がいいぞ! バンドっぽくなれたね”とご満悦。“7人のテーマソング”と紹介した「GLOW」、GRANRODEOの「modern strange cowboy」、FLOWの「GO!!!」と両バンドの代表曲で最高潮の盛り上がりを生むと、本編ラストは全ての始まりの曲「7-seven-」でフィニッシュ。終演後の余韻がこれっきりじゃ終われない、この物語の続きを期待させた。

撮影:平野タカシ/取材:フジジュン

FLOW×GRANRODEO

フロウグランロデオ:5人組ロックバンドFLOWと、KISHOW&e-ZUKAによるユニットGRANRODEOがタッグを組み、2014年にシングル「7-seven-」をリリースし、奇跡のスペシャルコラボレーションユニットとして話題をさらった。そして、18年1月リリースのシングル「Howling」にて3年振りに再始動! 1月にはシングルリリースに伴い東京・大阪にて初のツアーを開催、同年3月には台湾公演も決定している。

関連ライブレポート

twitter Facebok google+ LINE