Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

阿部真央 ライヴレポート

【阿部真央 ライヴレポート】 『阿部真央らいぶ夏の陣~2019〜』 2019年8月31日 at 日比谷野外大音楽堂

2019年08月31日
@

8年振りに立ったという日比谷野外大音楽堂にて、8月31日に行なわれた『阿部真央らいぶ夏の陣~2019〜』東京公演。オープンな環境を最大限に活かしながら、そこに深淵な世界も響かせていった阿部真央。“10年”という歳月の重みと、それを気負いなく提示する特別で格別なひと時だった。

バンドのグルーブが野音とそれを囲む木々と高層ビルの群れを揺らす。そして、不安定なグレーな空を、言葉が射り、ライトが刺す。ひねりの効いた表現を真っ直ぐに届けていく「逝きそうなヒーローと糠に釘男」で幕を開けたライヴ。開放的なロケーションの中、解放されていく心と身体。一体感というよりは楽しくつながり、塊になっていった「ふりぃ」での“熱がありながら軽やかさもある”ノリは、まさに夏の野音ならではだろう。

強さとしなやかさ、伸びやかさが発揮される楽曲が中心にセレクトされていたのは、やはり独特のロケーションと季節を意識したものと思われる。が、だからこそ、切なさがあまりにも深いナンバーが並んだ中盤の意義と意図が、より明確に伝わってきた。虫たちの声が寄り添っていた弾き語りの「この愛は救われない」から「深夜高速」につないでいく胸を焦がされるゾーン、十代の夏の甘酸っぱさを成熟した歌声で聴かせた「貴方の恋人になりたいのです」。サウンド面で新機軸を打ち出した「傘」と「immorality」では、混沌と自由がひとつの表れであることを体現。とりわけ「immorality」のレイブ感は、この日のこの場で非常に大きなポイントとなっていた。

そして、新曲「どうしますか、あなたなら」から始まる後半戦〜アンコールは、阿部真央スタイルのポジティビティで、痛快かつ爽快に駆け抜けていく。“明”のパワーで、でももちろん彼女らしく、陽焼け跡より少しだけやさしい痛みを残しながら。

撮影:吉場正和 /取材:竹内美保

阿部真央

アベマオ:1990年1月24日生まれ、大分県出身。06年、高校2年生の時に『YAMAHA TEENS' MUSIC FESTIVAL』の全国大会で奨励賞を受賞。09年1月にアルバム『ふりぃ』でデビュー。感情的なアコギで押し出す、等身大でリアルな歌詞、表現力豊かなヴォーカル、バラエティーに富んだ楽曲、同世代の女性を中心に、幅広い層から注目と共感を集める。14年10月にデビュー5周年を記念して初の日本武道館公演を開催。16年5月、産休明け第一弾シングル「Don’t let me down」で完全復活を果たし、さらに活動は精力的に。デビュー10周年となる19年には『阿部真央 らいぶNo.8 〜 10th Anniversary Special 〜』が開催される。