Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

SUPER★DRAGON ライヴレポート

【SUPER★DRAGON ライヴレポート】 『IDENTITY NINE』 2019年9月7日@日比谷野外大音楽堂

2019年09月07日
@

スターダストの9人組ダンス&ヴォーカルユニットSUPER★DRAGONが、9月7日に日比谷野外大音楽堂でワンマン公演『SUPER★DRAGON ONEMAN LIVE「IDENTITY NINE」』を開催した。彼らはこの夏、8月14日にアルバム『3rd Identity』をリリースし、フェスなどにも出演し多くのライヴを行ない、8月20日には大阪城野外音楽堂でのワンマンも大成功。まさに日比谷野音は、スパドラのこの夏の成長を見せる空間となった。

野音はファン3,000人が詰め掛け超満員状態。西部劇がモチーフのライヴは「Mada’ Mada’」でハードにスタートすると、痛烈な盛り上がりのまま「hide-and-seek」やエスニックなビートの「La Vida Loca」などが投下され、会場のボルテージはぐんぐん上昇。また、スパドラはヴォーカル、ラップ、ヒューマンビートボックス、ダンスなど各メンバーが強力な武器を持つだけに、メンバーの個性をフィーチャーしたコーナーも展開されていく。「Jacket」では田中洸希、古川 毅、池田彪馬、ジャン海渡、松村和哉がジャケットを使ったダンスとクールな大人感を演出。「Remedy For Love」では柴崎 楽が女性ダンサーと恋愛の世界観を演劇のように見せ、「New Game」ではジャン、洸希、和哉がバックダンサーとパフォーマンスしたりと、メンバーはさまざまな姿で観客を魅了する。そして、再び9人でステージを繰り広げると、「Don't Let Me Down」や「Untouchable MAX」で強烈な一体感を作り上げた。

毅が“SUPER★DRAGONは結成4年目で、もうすぐ5年になります。9人の中で、スパドラが譲れないものになってます。これからもこだわり抜いて、最高のものを届けて、僕たちの見たい景色をみんなと一緒に見たいです!”と思いの丈を口にし、絆の大切さを歌う「BROTHERHOOD」で本編は終了。アンコールでは、さらに観客と一体感を高め、最後は「SHOPPING TIME」で締め括られた。ワイルドなビートとともにギラギラの個性を堂々と見せつけたスパドラ。タフさを増した9人のこれからが楽しみになる密度の濃いライヴだった。

撮影:笹森健一、小坂茂雄/取材:土屋恵介

SUPER★DRAGON

スーパー★ドラゴン:スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャーユニット。通称“スパドラ”。2016年11月にリリースしたデビューシングル「Pendulum Beat!」は人気アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニング主題歌となり、オリコンデイリーチャート3位にランクイン。ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、ニューミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが特徴。