検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

LACCO TOWER ライヴレポート

【LACCO TOWER ライヴレポート】 『LACCO TOWER New Album 「若葉ノ頃」発売記念ホールツアー 2018「五人囃子の新時代」』 2018年9月24日 at 昭和女子大学人見記念講堂

2018年09月24日
@

最新アルバム『若葉ノ頃』を引っ提げて、自身がロックフェス『I ROCKS』を主催している群馬から始まった、LACCO TOWER初のホールツアー『五人囃子の新時代』。そのファイナルが東京・昭和女子大学人見記念講堂で行なわれた。

松川ケイスケ(Vo)、細川大介(Gu)、塩崎啓示(Ba)、重田雅俊(Dr)、真一ジェット(Key)の5人はまたひと回り大きく成長。豪華なセット、レーザーを含むカラフルな照明や映像などを効果的に用いつつ、ホールに見合ったパフォーマンスを堂々と繰り広げていて、それはまさに若葉が多くの栄養を蓄え、実りの秋を迎えたかのようだった。MCでは松川が“三軒茶屋まで電車で参りまして、通りすがりのお客様に声をかけていただいて、会場はこっちでしょうか?なんて3人くらいに訊きながら、そういう意味でも本当に辿り着いた感じのツアーファイナルです”“今日はいいことがあって、買った切符の下に書いてある番号が1169(アイロックス)だったんですよ。すごくない!?”とオーディエンスを和ませる場面も。

開演時間になると荘厳なBGMが流れ、ステージのスクリーンには十五夜に相応しい月。そして、ズドーン!という音とともに暗転し、しばらく経てば5本の光の柱の下、メンバーは“五人囃子、見参!”とばかりに板付いている。そんな演出で大いに沸かせ、オープニングの「若葉」では輝く照明の中、LACCO TOWERの登場を待ちわびていたファンが手を伸ばす。松川がウォームアップ的にその手を上げ下げさせ、“今日はこの動作と笑顔になること。それだけで十分でございます!”と呼びかけ、「蜜柑」を皮切りにド派手ライティングありのアッパーな展開へ。松川と重田が上着を脱ぎ捨てた「純情狂騒曲」、ショルダーキーボードを持った真一ジェットが1階席を爆走した「傷年傷女」と駆け抜けていく。

中盤はミッドナンバーで固め、特に「最果」「薄荷飴」の伸びやかな歌、やわらかなアンサンブルには胸が熱くなった。黒と白のイメージだった彼らが青空の投影をバックに演奏していて、なんだかとても清々しい。この蒼さに儚さ、“若葉ノ頃”を象徴するシーンだったと思う。アカペラで入った「遥」もお見事。“ちょっとでもみんなの背中を押せれば”と紹介した「雨後晴」では会場全体の声が感動的に合わさり、“すごいね。(バンド)やってて良かったよ。ありがとう!”と松川は曲中に笑みをこぼす。重田&塩崎のソロコーナーも大盛況、細川のギタープレイにも何度も痺れた。LACCO TOWERの真摯さが伝わる「愛情」、全員で歌うCメロが美しすぎた「薄紅」含め、最幸のフィナーレ。『五人囃子の新時代』はライヴハウスツアーへと続く。

撮影:Masanori Fujikawa/取材:田山雄士

LACCO TOWER

ラッコタワー:日本語の美しさを叙情的リリックで表現し、どこか懐かしく切なくさせるメロディー、またその世界とは裏腹な激情的ライヴパフォーマンスで、自ら“狂想演奏家”と名乗り活動。2014&15年とバンド主催によるロックフェス『I ROCKS』を地元・群馬音楽センターにて成功させる。復活したレーベル『TRIAD』の、新人第一弾アーティストとして、6月にアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たした。