検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

LACCO TOWER ライヴレポート

【LACCO TOWER ライヴレポート】 『LACCO TOWERワンマンツアー 「遥なる軌跡」 ~遥なるフィナーレ~』 2017年10月28日 at Zepp DiverCity Tokyo

2017年10月28日
@

“最幸”の余韻で満たされるライヴだった。メジャー3rdフルアルバム『遥』を引っさげたワンマンツアーファイナル、LACCO TOWER初のZepp DiverCity公演は、会場に足を運んだ誰もがそんな感想を抱けたと思う。1曲目の「喝采」からステージには明るい光が降り注ぎ、松川ケイスケ(Vo)の合図でオーディエンスによる手拍子が辺りを温かく包む。塩﨑啓示(Ba)、重田雅俊(Dr)、真一ジェット(Key)、細川大介(Gu)の演奏も脂が乗っていて今日までの軌跡をピュアに伝えてくれるので、つい目頭が熱くなってしまう。

ステージ上のタワーライトとレーザー演出を駆使した「純情狂騒曲」「怪人一面相」、真一がセンターへ移動してショルダーキーボード&カウベルで魅せた「傷年傷女」など、カオティックに胸を締めつける激情ナンバーもあった。けれど、印象的なのは彼らに漂うオープンな空気。美しく柔らかいメロディーの「夜鷹之星」「葉桜」を経て、「共鳴」「相思相逢」で交歓ムードがグッと高まり、重田のドラムで加熱した「火花」(日本プロサッカーリーグ『ザスパクサツ群馬』2017公式応援ソング)では、塩﨑がザスパのタオルマフラーを歓喜の表情で掲げる。

“アルバムの1曲目がバラードなのも、ずっと真っ黒なスーツやった俺らが真っ白な衣装を着たのも初めてやけど、LACCO TOWERはなんとなくカッコ良いことをズルズル続けるバンドじゃないって思いました。変わっていく俺らを支えてくれたのはあなたたちです。待たせてごめん、ついて来てくれてありがとう”。松川の飾らない言葉を受けての「遥」、新曲「花束」がさらなる飛躍を予感させた。

撮影:Masanori Fujikawa/取材:田山雄士

LACCO TOWER

ラッコタワー:日本語の美しさを叙情的リリックで表現し、どこか懐かしく切なくさせるメロディー、またその世界とは裏腹な激情的ライヴパフォーマンスで、自ら“狂想演奏家”と名乗り活動。2014&15年とバンド主催によるロックフェス『I ROCKS』を地元・群馬音楽センターにて成功させる。復活したレーベル『TRIAD』の、新人第一弾アーティストとして、6月にアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たした。

twitter Facebok google+ LINE