Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

vistlip ライヴレポート

【vistlip ライヴレポート】 『vistlip 12th Anniversary 【My Zodiac Sign.】』 2019年7月7日 at Zepp Tokyo

2019年07月07日
@Zepp Tokyo

やっと再会できた! この日が七夕だったのはやはり必然だったと思う。今年もvistlip結成日の7月7日に周年記念ワンマンがZepp Tokyoにて行なわれた。12回目の結成記念日を迎えた彼ら。例年違わぬ“これまでありがとう! これからもよろしく!!”的な内容ながら、昨年末の智(Vo)の急病によるツアーの延期やこの8カ月間の無ライヴも含め、この日は従来以上に尊い空間が広がっていた。

序盤は“美”が目立った。疾走感あふれる「Legacy」で口火を切り、「Dead Cherry」ではYuhと海の両ギタリストがともに左右のランウェイでプレイ。会場も一斉に咲き始める。間の歓声はやはり“お帰り!”の声が多く、それに対して復帰した智(Vo)が“これからもvistlipという星座の下でやっていく”と力強く返す。“激”なゾーンではレーザーが飛び交い、「GLOSTER IMAGE」でヘドバンの嵐を起こし、「Prey Shadow」では瑠伊(Ba)とTohya(Dr)を中心に生み出される重みや軽快さを、「Timer」では美しさと激しさの波状攻撃を満喫。“哀”を感じたゾーンではスモークの雲海の中、愛しさが大きく広がった「BABEL」、粉雪舞う演出も印象的だった「STRAWBERRY BUTTERFLY」などが哀しさを場内に染み込ませていく。そして、“一体化”が目立った中盤は「THEATER OF ENVY」がフロアーをバウンスさせれば、「Idea」も2ビートや4つ打ちも交え会場を天空へと引き上げる。また、この日は最新アルバム『STYLE』の曲たちをようやく体感。中でも「[glider]」では疾走感とラウドさを抜けて現れる美しい景色を堪能した。

本編最終は神々しかった。「HEART ch.」のサビのストレートさと開放感が気持ち良く、「OZONE」ではミラーボールも回り七夕らしい幻想さが味わえた。さらに、アンコールでは彼らの側面を切り出す。やさしいバラード「Re:明日晴れたら」、ラウドさやラップも特徴的な「FIVE BARKIN ANIMALS」、「彩」ではカオスが作り出され、Wアンコールでは場内無数のペンライトが幻想的な天の川を作り出し、「July VIIth」がゆっくり放たれるのを見た。

ニューシングルの発売と延期のツアーの再開も発表されたこの日。ここで改めて感じた絆や信頼感をもって5人は、また作品にライヴに従来以上の尊さを届けてくれることだろう。

撮影:高山和久/取材:池田スカオ和宏

vistlip

ヴィストリップ:2007年7月7日に結成。以降、七夕の日には結成記念ライヴが開催されている。ヘヴィなものからメロディックなものまで幅広く、かつジャンルに縛られない楽曲であり、海がディレクションを務めるアートワークやMVなど、唯一無二の存在感を放っている。また、智が手掛けるストーリー調のものであったり、メッセージ性の高い歌詞にも定評がある。