検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

上野優華

泣きたいのは私だった、恋をしてたのは私でした。

好きな人はあなただった 好きな人はあなただった
「好きな人」/上野優華


 デビュー5周年を迎えた歌手・女優の“上野優華”が2019年1月23日にニューアルバム『好きな人はあなただった』をリリースします。そのアルバムタイトルの由来となったのが、すでにシングルとして配信されている新曲「好きな人」です。同曲は“奥華子”が、上野優華の声をイメージしながら書き下ろしたという切ないバラードラブソング。

 好きな人はあなただった。ようやく気づいた想いを、噛み締めるように歌は幕を開けます。しかし、歌詞を読み進めていくと明らかになりますが、実は<あなたは友達の好きな人>なんです。知らない誰ではなく、大切な“友達”との三角関係って、より苦しいですよね…。尚、恋愛情報サイト『オトメスゴレン』には次のような記事がございました。

『友達と好きな人がかぶってた!
しこりを残さないための心得9パターン』

①自分から身を引き、恋をあきらめる。
②友達にはっきり気持ちを伝えて、堂々と行動する。
③どちらの恋が成就しても、恨みっこなしと約束する。
④好きな人とも友達ともいったん距離を置いてみる。
⑤二人で同時期にアタックして、お互いすっきりする。
⑥友達の気持ちに気づいていないふりをし続ける。
⑦友達と一緒に恋心を心の中にしまっておく。
⑧お互いに情報を交換し合い、
協力しながらアプローチを続ける。
⑨友達ととことん話し合って結論を出す。
(引用URL:https://girl.sugoren.com/report/1375362223191/)

 これは、20代から30代の既婚女性393名に聞いたアンケートを参考にした9パターンの心得だそう。どの選択も簡単なものではないと思いますが、しこりを残さないためには必要な心の痛みなのでしょう。では、上野優華「好きな人」で描かれている主人公の<私>は現在、どんな状態にあるのでしょうか。歌詞はこのように続いてゆきます。

もうこれ以上 優しくしないで
あなたは友達の好きな人
応援すると決めたのに 苦しくなる気持ち隠せない

いつも近くで からかい合って
誰より話しやすいと言われて
本当は泣きたくなってたよ
どうして自分の気持ち 気付けなかったの
「好きな人」/上野優華

 きっと<私>は、友達から恋愛相談をされていたはず。すると心得の⑥や⑦は選択肢から消えますね。つまり<私>は<友達>の気持ちを知らされ、その想いが<あなた>に伝わるように応援・協力していた。また、無意識のうちに<あなたは友達の好きな人>というフィルターがかかっていたため<自分の気持ち>に気づかぬよう蓋もしていたのでしょう。
 
 胸の内から“何か”が溢れそうになるたび、強く蓋を押し付けて、痛みで<泣きたくなって>…。だけど<あなた>から<誰より話しやすいと言われて>生じた<自分の気持ち>の名前に、ずっと疼いていた“何か”の正体に、気づく日がやっと訪れたのです。友達じゃなく、私の<好きな人はあなただった>のです。ずっとずっと<あなただった>のです。

きっと二人は お似合いだよと
平気な顔をして嘘をつく
何も出来ずに 見ているだけの 弱虫な私が大嫌い

叶わない恋だと知ってても
この気持ちすぐには捨てられない
あの頃にはもう戻れない
あなたがこの胸の中溢れてくるの

泣きたいほど 好きになって
泣けないほど 苦しかった
泣きたいのは私だった 恋をしてたのは私でした
「好きな人」/上野優華

 ただ、自分の気持ちに気付いてからも、なんとか<私>は心得の①を選択して<応援する>側に回ろうとも考えたのだと思います。もしくは④のように二人と距離を置くという手も。しかし、それはどちらも無理だった模様。やっぱり<叶わない恋だと知ってても>簡単には身を引けない。かといって、二人から離れることも、友達を裏切ることもできず<きっと二人は お似合いだよ>なんて嘘まで吐いてしまう。
 
 どんどん膨らんでゆく自己嫌悪。泣きたくて泣けなくて<あなた>でいっぱいの心。時間が経てば経つほど、実感する<恋をしてたのは私でした>という気持ち。まっすぐに恋をしている<私>の苦しみと恋しさが、痛いほど伝わってきますね。このまま二人が結ばれるのを待って、<私>は自分の心に大きなしこりを残してしまうのでしょうか…。

もしも一つだけ願えるのなら
一度でいいから あなたの好きな人になりたい

好きな人はあなただった 好きな人はあなただった
好きな人はあなただった 私の心は あなたでした
私の心は あなたでした
「好きな人」/上野優華

 こうして幕を閉じてゆく歌。あなたが<私>なら、どのような選択をしますか? 心得の②③⑤⑧⑨のように、友達に本心を告げて、正々堂々と挑めますか? どうかこれからみなさんが、友達の心にも、好きなひとの心にも、自分の心にも、しこりが残らない恋愛ができますように…!

◆紹介曲「好きな人
作詞:奥華子
作曲:奥華子

◆3rdアルバム「好きな人はあなただった」
2019年1月23日発売