検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

yonige

君のおへその形すらもう忘れてしまっている。

 大阪寝屋川発のロックバンド“yonige”が、2018年10月3日にミニアルバム『HOUSE』をリリースします。その収録曲となる新曲「リボルバー」は、夏フェス会場限定シングルとして7月29日から販売スタート。超先行公開されているMVは、すでに再生回数60万回突破と、話題になっている楽曲なんです。もちろん歌詞も先行掲載中ですので、今日のうたコラムでご紹介!

自分でやることのないゲーム
自分で食べることのないラーメン
自分で見ることのないプロレス
で日々は染まっていった

はあ。

ああなりたくないと思っていた
あいつに自分の片鱗を見る
喋りすぎた次の日は絶対
後悔するのでした

明日のことは明日でいいや
「リボルバー」/yonige

 タイトルの「リボルバー」とは【回転するもの】を意味する言葉。この歌詞もまた【何かを中心に回転する】日常が描かれたものとなっております。まず、歌の前半で回転の“芯”になっているのは<自分>ではなく、恋人の“生活”です。もしも一人だったら、ゲームもラーメンもプロレスも無縁だったはず。でも<ふたり>の暮らしになったがゆえに、相手中心に<日々は染まっていった>…。では、その日々に対する<はあ。>というため息に込められているのはどんな感情なのでしょうか。
 
 ひとつは、すっかり君色に染まっている自分にうんざりする気持ちだと思います。それが表れているのは<ああなりたくないと思っていた あいつに自分の片鱗を見る>というフレーズ。恋人ができた途端、友達付き合いが悪くなり、衣食住も会話の内容もすべて恋人中心になる方っていますよね。そんな<あいつ>をこれまで小ばかにしていたのに、いつのまにか自分も同じような状態になっていた。だから、周りについ現状を<喋りすぎた次の日は絶対 後悔するのでした>と、吐露しているのでしょう。
 
 でも<喋りすぎた>ということは、それだけ話したいことがあった証。<後悔する>と“絶対”わかっているということは、それだけ何度も同じことを繰り返してきた証。しかも、明日後悔するとわかっていながら<明日のことは明日でいいや>と言っております。つまり<君>中心の生活にずぶずぶになっていようと、それを友達に喋りすぎようと、本当のところ君色に染まっている日々が幸せ。きっと<はぁ。>というため息には、そうした幸せの実感も含まれているのです。

君が行きたがらない街と
君が聴くことはないバンド
君が知ることのないプライド
で日々は色づいた

悲しいことは名前をつけよう

永遠みたいな面した後
ふたりは別々の夢を見る
君のおへその形すらもう
忘れてしまっている
「リボルバー」/yonige

 しかし、歌の後半では回転の“芯”になっているものが、前半と一転。今度は<君>の生活ではなくて<自分>の生活が中心に描かれております。自分にとって大切な<街>や<バンド>や<プライド>によって<日々は色づいた>のです。でも、それらを<君>とは共有できない。その空しさ、淋しさ、悲しさといった感情が伝わってくる気がしませんか? そして、どうしようもない気持ちたちが<悲しいことは名前をつけよう>というフレーズに表れているのではないでしょうか。
 
 さらに<永遠みたいな面した後 ふたりは別々の夢を見る>というフレーズは、どんなに愛し合っても、一緒に暮らしても、結局のところは一つになれないし、わかりあえない現実を象徴しております。今は<君のおへその形すらもう 忘れてしまっている>心の無常さもわかります。ただし、逆に言えば<永遠みたいな面>をして愛し合い、ちゃんと<君のおへその形>まで見つめていた濃密な時間があったこともたしか…。

君に会わなくたってどっかで息しているなら
それでいいななんて思って煙を吐いている
今までのそれを思い返すと恥ずかしいほどに
失くなっても替えがあるビニール傘みたいだね
「リボルバー」/yonige

 ラストのサビはこのように幕を閉じてゆきます。<君に会わなくたってどっかで息しているなら それでいいななんて思って煙を吐いている>のは、信頼と愛情が“中心”にあるからかもしれませんし、もうどこか冷めた気持ちが“中心”にあるからかもしれません。だけどそこに答えはなく、時に<君>が中心になりながら、時に<自分>が中心になりながら、愛は濃くなったり薄れたりしながら、日々は回転してゆくのでしょう。
 
 そんなリアルな恋模様が綴られているのが、yonigeの「リボルバー」です。みなさんは今、何を中心に生活をしていますか? いろんなフレーズに自分を重ねながら、この歌を聴いてみてください…!

◆紹介曲「リボルバー」
作詞:牛丸ありさ
作曲:牛丸ありさ

◆ミニアルバム『HOUSE』
2018年10月3日発売
WPCL-12932 ¥2,000+税

◆夏フェス会場限定シングル「リボルバー」
2018年7月29日発売
¥500(税込)
※対象の夏フェス会場のみで販売