Uta-net

今日のうた

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

GLIM SPANKY

読めない明日の方が命は喜ぶよ。

失敗しちゃいけない
失敗しちゃいけないって思っているうちに
何もない人生になっちゃった。
(映画『ゆれる』より引用)


 新しいことに挑戦してみたい、けど(失敗しちゃいけない)と思うと無理。この場所を飛び出してみたい、けど(失敗しちゃいけない)と思うと、今のままが楽。そうして踏み出す勇気を持てずにいる方、少なくないでしょう。そんなあなたがいつか(何もない人生になっちゃった)と後悔しないためにも是非、聴いていただきたい新曲がございます。

伸びた前髪を少し切った 新しい日
響くことなかったあの歌が 突き刺さった

始まりの風景は
痛い程 澄んでいる
「Tiny Bird」/GLIM SPANKY


 2019年7月7日に“GLIM SPANKY”がリリースした新曲「Tiny Bird」です。同曲は、テレビ朝日系にて2週連続で放送されたドラマ『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』主題歌。歌詞には、これから<始まり>を迎える<僕>の心模様が描かれております。まず、スタートを切る“決意表明”をするかのように<伸びた前髪を少し切った>主人公。

 この<前髪>が<伸びた>時間にはきっと<新しい日>を迎えるかどうかの迷い、恐れ、不安、いろんな感情が含まれているはず。しかし、それを切ったことで、今まで遮られていた視界もグッとひらけたのではないでしょうか。また同時に、改めて自らの<始まり>を噛みしめたからこそ<響くことなかったあの歌が 突き刺さった>のです。
 
 恋をして、初めてラブソングを身近に感じるのと同じように、夢を見て、踏み出して、初めて<あの歌>が“自分事”になった。そして、そんなひらけた視界と新たな心で<始まりの風景>を見つめたがゆえに<痛い程 澄んでいる>と感じられたのでしょう。この“痛み”からは、澄み切った未来と眩しい可能性に、鼻の奥がツーンとするぐらいの期待を抱き、大きく鼓動が高鳴っている様子が伝わってきますね。

どこかへ渡る小さな鳥みたいに
震える僕を抱いて 世界よ
見慣れた部屋をでるときがきた
一つだけ 履き込んだ靴を履いてこう
「Tiny Bird」/GLIM SPANKY

真面目に働く平凡なこの暮らしにさよなら
読めない明日の方が命は喜ぶよ

真夏に揺れた小さな恋みたいに
名も無い僕を撫でて 世界よ
着慣れた服を脱ぎ何を着よう
今はまだ何でもない
「Tiny Bird」/GLIM SPANKY


 サビでは、まさに【Tiny Bird<小さな鳥>】が、羽ばたいてゆくように、伸びやかに広がってゆく歌声。その<小さな鳥>は、軽やかに長く遠く飛んでゆくため、歌の中でいろんなものに<さよなら>をしております。伸びた前髪、見慣れた部屋、古いギター、溢れた荷物、真面目に働く平凡な暮らし、着慣れた服、見慣れた街、住み慣れた街…。
 
 しかし、そのなかで唯一<履き込んだ靴>だけは<履いて>ゆくのです。履き“慣れた”靴ではなく、履き“込んだ”靴です。今の<僕>には“慣れたもの”は、もう何ひとつ必要ありません。ただ、履けば履くほど味が出てくる、常に自分と共に更新されてゆく、汗も涙も原点も沁み込んでいる<靴>だけは、旅の相棒として大切なのだと思います。つまり<僕>と<靴>は一緒に<読めない明日>へ向かって成長していくのでしょう。

どこかへ渡る小さな鳥みたいに
震える僕を抱いて 世界よ
変わっていくこと大切なこと
住み慣れた街を捨て
今までにキスをして
進みたいのさ
「Tiny Bird」/GLIM SPANKY

 まだ見ぬ<どこかへ渡る>のは、震えるほどの期待もあり、震えるほどの怖さもあります。それでも、GLIM SPANKY「Tiny Bird」を聴いているあなたが<今までにキスをして>、新しい一歩を踏み出すことができますように。たとえ失敗したって、何度でも<小さな鳥みたいに>進んでいくことができますように…!

◆紹介曲「Tiny Bird」/GLIM SPANKY
2019年7月7日配信
作詞:松尾レミ
作曲:松尾レミ