検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

MOSHIMO

彼女の前じゃ吸わないタバコ、私の前じゃ一息つくの。

電光石火ジェ・ジェ・ジェラシー
電光石火ジェ・ジェ・ジェラシー
電光石火ジェ・ジェ・ジェラシー
電光石火ジェ・ジェ・ジェラシー
「電光石火ジェラシー」/MOSHIMO

 2018年9月26日に“MOSHIMO”が新曲「電光石火ジェラシー」を配信リリースしました。この歌は【2番目の女の嫉妬心】を描いたロックナンバー。冒頭から繰り返される鮮烈なフレーズは、ついつい一緒に口ずさみたくなり、ライブでも盛り上がること間違いなし!でも、歌詞に描かれているのは、報われない恋から生じる、決して幸せとは言いがたい切ない心模様なんです。

オーライ オーライ好きな人には
OH NO! OH NO! 彼女がいたの
どうせ同棲でもしてるけど
隠してるんでしょう
「電光石火ジェラシー」/MOSHIMO

 好きな人には彼女がいた、という衝撃の事実発覚から幕を開ける歌。一瞬で<私>の心は、稲妻のような激しい嫉妬にかられます。ただし、自分が【2番目の女】だった恋は、もしかしたらこれが初めてではないのかもしれません。まず<私>は事実がわかっても<オーライ オーライ>=“はいはい、大丈夫大丈夫”と、どこか落ち着いた様子です。

 また、本当なら他に女性の影があったとき、最初に“浮気された!”と思うものではないでしょうか。自分が【2番目の女】だなんて信じがたいからです。しかし<私>の場合は、はなから<彼女がいた>と思い<どうせ同棲でもしてる>とまで推測します。おそらく、これまでにも経験があるから…。そう考えると<OH NO! OH NO!>には“あ~またやられた!”という気持ちも込められている気がしますね。

彼女の前じゃ吸わないタバコ
私の前じゃ一息つくの
シークレット シークレット
秘密の恋は
もえちゃうけど 切ないよね

彼女には“優しさ”を
私には“特別”を
甘く ゆるく くれるのさ
「電光石火ジェラシー」/MOSHIMO

 歌詞を読み進めると、やはり<私>は<秘密の恋>の“切なさ”も“甘さ”も十分に知っている模様。彼は「お前の前だと気を遣わなくて済む。一緒にいて楽だよ」などと言って<彼女の前じゃ吸わないタバコ>をプカプカさせるのでしょう。それを<特別>と取ることもできますが、ただ単に<優しさ>が要らないから楽、ということです。きっと<私>はその現実だって知っているけれど、自分を誤魔化しながら<特別>の飴を味わっているのだと思います。

電光石火ジェ・ジェ・ジェラシー
変えられない彼のヒエラルキー
パッと光って消えた通知で 事実を知る
当たって砕けて恋をして 己を知る

実際問題 今後どうするの?
自問自答を繰り返しても
クレイジー クレイジー 好きな気持ちは
嘘つけない 止められない
「電光石火ジェラシー」/MOSHIMO

 だけど、結局は<変えられない彼のヒエラルキー>を思い知る瞬間に【2番目の女の嫉妬心】がグッと増幅してしまうのです。彼がタバコを<彼女の前じゃ吸わない>のは、たとえ浮気をしていたって、なんだかんだ彼女を誰より大事に思っているから。その愛情は<パッと光って消えた通知>に表示されるLINEの返信からも痛いほどわかったはず。

 自分が味わっていた<特別>の飴なんてちっぽけだ。自分の存在もちっぽけだ。そんなふうに<当たって砕けて恋をして 己を知る>切なさや怒りや哀しみが痛切に伝わってきます。それでも<好きな気持ちは 嘘つけない 止められない>のが<秘密の恋>のやっかいなところ。歌では【2番目の女の嫉妬心】がいっそう“好き”の勢いを加速させてゆくのです。

順番なんてないこの時代
特別に問題ないみたい
好きな気持ち負けてないもん
どうか どうか 届け!届け!届け!
「電光石火ジェラシー」/MOSHIMO

電光石火ジェ・ジェ・ジェラシー
クソ真面目 やめちまえ!ラブリー
ダメって思うほどもえちゃう 恋を知る
当たって砕けて恋をして 己を知る
「電光石火ジェラシー」/MOSHIMO

 順番なんてない。好きな気持ち負けてない。そして<クソ真面目 やめちまえ!>とまで言い放っている終盤。一体<私>の「電光石火ジェラシー」は、この恋をどんな方向へと転がしてゆくのでしょうか…。ダメな恋だけれど、幸せになれるとは言いがたいけれど、真っ直ぐに<どうか どうか 届け!届け!届け!>と願っている<私>のことを、応援してあげたい気持ちも湧いてきてしまう。それがMOSHIMOの「電光石火ジェラシー」です。
 
 今、まさに【2番目の女の嫉妬心】が燃えているという方。自分も【2番目の女】かも…という不安を抱いている方。ダメって思うほどもえちゃう恋をしている方。是非、この歌を聴いて、誰にも言えない感情を音楽で発散させてください!そして、いつかは「幸せ!」と言い切れる恋ができますように…!