検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

カノエラナ

あいつを、好きな、君が好き。

三秒間だけ僕のこと見ていてよ
あいつのこと忘れてよ
「サンビョウカン」/カノエラナ

 片想いをしている<僕>の切実な願いで幕を開けるのは、2018年2月7日に“カノエラナ”がリリースする1st full album「キョウカイセン」のリード曲「サンビョウカン」です。歌ネットでは歌詞先行掲載中!先にネタバレをしますと、主人公は、大好きな<君>に少しでも<僕のこと見ていて>ほしいという想いから、思わずとある行動を取ります。では、そうして手に入れたのは一体どんな<三秒間>だったのでしょうか…。

水平線を指でなぞって
冷えたアスファルト駆け上がった
静寂なんて聴こえないフリ
置きっ放しの自転車のサドルが
やけに冷たくなっていて
痛む頬に伝ったものは汗?
「サンビョウカン」/カノエラナ

 サドルが冷えた自転車で、冷えたアスファルトを駆け上がってゆくのは、おそらく、あれほど望んでいた<三秒間>を手に入れたあとの<僕>だと思われます。つまりこの歌は、ラストシーンから始まり、ここから回想シーンが綴られてゆくのです。ただ、寒さや痛みが伝わってくる冒頭のフレーズからもう薄々、結果はわかるような気がしますね…。

 さらに<水平線>とは、海と空との境として見える平らな線のことですが、これは<僕>と<君>にとっての“友達と恋人との境”の線を意味しているのではないでしょうか。どこまでも途切れない境界線。わざと<聴こえないフリ>をしないと耐えられないほどの静寂。頬に伝うのは<汗?>ではなく、多分、涙。そして“頬が痛む”のは、冷たい風のせいだけではありません。 

なんでもない日 冬の途中で
意識が悶々としてくる
やっぱ寒いねって笑った君に
言うつもりなんてなかったのに
昔みんなで遊んだ公園
変わらない光景 変わる関係
せめぎ合う妄想は誰のせい?
ああそうだよ全部そう 僕のせい

作り上げた砂山 壊した僕に咲いた
左頬に季節外れの赤い紅葉
「サンビョウカン」/カノエラナ

 ここからは回想シーンです。クリスマスでもバレンタインでもない<なんでもない日>に、いつもどおり<僕>と<君>は一緒に帰宅でもしていたのでしょう。その途中、もう少しお喋りをするため、自転車を置いてフラリと公園に寄った…。また<昔みんなで遊んだ公園>というフレーズからは、二人は幼なじみであるとも考えられます。長年、友達ならではの信頼関係を<砂山>のように作り上げてきたわけですね。

 しかし、そんな<変わらない光景>を見つめながら、変わらない関係の<君>と話しているうちに<僕>は、なんとかこの関係を変えられないだろうかという<悶々>とした気持ちと、もし変えることが出来たらという<妄想>に襲われ、想いがついに溢れ出してしまいました。その結果、彼の左頬に咲いたのが<季節外れの赤い紅葉>…。平手打ちをされる程の行動を取ってしまったのです。

三秒間だけ僕のこと見ていてよ
あいつのこと忘れてよ
君の顔が近づいた瞬間に
香るシャンプーにグッときて
噛み付いてしまった唇は予想以上に
やらかくて しんどくて 甘くて切ない
三秒間 三秒間
「サンビョウカン」/カノエラナ

 その行動とは、衝動的な“キス”です。…引っ叩かれて当然ですよね。しかも<僕>は<君>が想いを寄せる<あいつ>という存在がいることを知っているのに。もしかしたら、それまで公園で喋っていた内容だって、恋愛相談だったのかもしれません。でも、それでも、だからこそ<三秒間だけ僕のこと見ていてよ>という想いが溢れ出したのだと思います。言葉より先に、キスという形で…。

あいつを見ている君が好き
あいつも絶対君が好き
あいつを 好きな 君が好き

だけど
三秒間だけ僕のこと見ていてよ
僕だけを見ていてよ
君の顔が近づいた瞬間に
香るシャンプーにグッときて
噛み付いてしまった唇離れる刹那に
君の目が僕を見た 最初で最後の
三秒間 三秒間
「サンビョウカン」/カノエラナ

 そして、泣いて帰ってしまった君。もう二度と今まで通りの友達には戻れない二人。サドルの冷えた自転車で帰ってゆく<僕>は今、取り返しのつかないことをしてしまった後悔でいっぱいでしょう。だけど同時に、これまで手に入らなかった<三秒間>だけは今、やっと自分のものです。驚いて、彼の気持ちに初めて気づいて<君の目が僕を見た 最初で最後の 三秒間>は<僕>の一生ものです。

 もちろん、引っ叩かれるようなキスなんかじゃなく、まずは言葉で伝えるべきだったのでしょう。でも、永遠に想いを伝えることができなかった場合を考えてみると、どちらの後悔がより大きいのかはわかりませんよね。どうせ後悔するなら「サンビョウカン」の<僕>のように“行動してしまった”後悔の方が、人生は面白いのかもしれません…。たとえばみなさんが<僕>の立場だったら、どんな行動を取ると思いますか…?