Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ハヤテ

ハヤテ

  • 歌手:
    九十九
  • 発売日:
    2017/05/31
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,823
 
あぁ、よろけた脚で帰る午前2時
月明かりの下で死期近い華が靡いてる
あぁ、自分重ねて酔いしれてた
あたしを見透かしてそれはこう言っていたんだ

泥水をすすれ 地を這っていけ
動き始めた明日を生き抜くために

何故こんなところで足踏みしてる
振りかざす己の強さ
泡になって消えてく

あぁ、ふざけた顔で弱さを隠して
こんなはずじゃなかってまた嘘を重ねた
ねぇ、どうして
ねぇ、どうして
憂いていないで明日を生き抜くために

目の前の明るい場所まで手を伸ばしてた
手にするは己の弱さ槍となって突き刺さる
いつか夢を語った友は皆離れて
誰かあたしを見てと虚しく声は途切れた

何故こんなところで足踏みしてる
振りかざす己の強さ
泡になって消えてく

いつか夢を語った友は皆離れて
誰かあたしを見てと虚しく声は途切れた
揺るがぬ意志気高き心失わないで
今強く踏み込んだこの舞台の果てまで