Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

森崎ウィン ライヴレポート

【森崎ウィン ライヴレポート】 『Birthday Live「Be Free」』 2019年8月23日 at 浅草花劇場

2019年08月23日
@浅草花劇場

ダンス&ヴォーカルユニットPRIZMAXのメインヴォーカルとして活躍する森崎ウィンが、8月23日に浅草花劇場にてバースデーライヴ『Be Free』を開催した。彼の音楽に込める意気込みが存分に伝わり、歌とトークで観客の心をしっかり掴んだ、楽しさあふれる空間となった同公演。彼のハートフルな人柄、エンターテイナーとしての実力が発揮された、そのライヴの模様をレポートしよう。

森崎ウィンにとって約4年振りのソロ公演。8月20日に29歳を迎えた彼が、本体であるPRIZMAXで見せる姿とはひと味違う、歌で勝負するステージを繰り広げたーー。スーツでばっちりと決めた森崎がバンドのアコースティック演奏とともに披露した1曲目は「Be Free」。この日のために彼が作った新曲であり、自分を解放していく想いを歌った爽快感あふれるナンバーだ。“みなさん楽しんでますか!”と観客とコミュニケーションを取りながら、アップテンポの楽曲からバラードまで続々と歌っていく森崎。そんな彼のパフォーマンスに観客もハンドクラップとコーラスで応えていく。この日歌われたソロのオリジナル曲、PRIZMAXの楽曲は全て森崎が手掛けたもの。さらにBruno Marsの「The lazy song」や米津玄師の「Lemon」などのカバーも歌唱。まさに彼のヴォーカル力、作家性、音楽の趣向も伝わるライヴと言っていい。

アンコールでは“僕はいろんなに現場に行くけど、こうしてホリック(ファンの呼称)の姿を見ると僕の帰る場所があるんだって思えるんです。すごく心強いですし、外でも胸張っていけます”とファンへの感謝を口にする。その想いの詰まった「ただいま」を感情を込めて歌うと、最後はやさしいメロディーが響く「Shall we dance」を歌い上げ、会場をひとつにしてライヴを締め括った。終始エンターテイナー然とした姿で観客を楽しませた森崎。彼の歌、音楽に込める情熱がたっぷりと伝わるバースデーライヴだった。

撮影:笹森健一/取材:土屋恵介

PRIZMAX

プリズマックス:2002年結成。10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加。13年3月に結成10周年を迎え、ダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。R&B、ヒップホップ、ファンクなどの要素を取り入れた音楽性から、国内外問わず多数のフェスから声が掛かるなど、活動の幅を広げている。19年、新メンバーを迎えて7人体制になったと同時に、グループ名を全て大文字表記の“PRIZMAX”に改名。新体制初の作品となるアルバム『FRNKSTN』を同年4月にリリース。

SET LIST

試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1. Be Free

  2. 3

    3. One Two Three

  3. 5

    5. いつかの三拍子

  4. 6

    6. 恋心

  5. 8

    8. The lazy song

  6. 9

    9. Fly me to the moon

  7. 10

    10. 恋は水色

  8. 11

    11. Lemon

  9. 12

    12. Piano

  10. 14

    14. Believe

  11. 15

    15. Ready

  12. 16

    16. Be Free

  13. 17

    <ENCORE>

  14. 18

    1. ただいま

  15. 19

    2. Three Things×I want you back

  16. 20

    3. Shall we dance

関連ライブレポート