Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

サイダーガール ライヴレポート

【サイダーガール ライヴレポート】『ぼくらのサイダーウォーズ3 -先輩、よろしくお願いします-』 2019年7月25日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2019年07月25日
@

さわやかさと儚さを併せ持つ“炭酸系サウンド”を掲げるサイダーガールによる東名阪対バンツアー『ぼくらのサイダーウォーズ3 -先輩、よろしくお願いします-』が7月25日、東京・渋谷CLUB QUATTROでファイナルを迎えた。メンバー曰く“1回も2マンしたことがない先輩に出てもらった”という今回の対バンツアー。ファイナルとなった東京公演の対バンは、ダンサブルなロックサウンドでライブシーンを沸かせているKEYTALK。人気の2バンドによる対バンということであっと言う間にソールドアウトになったツアーファイナルの熱気をレポートする。

“サイダーガールからリクエストいただきました!”と「太陽系リフレイン」でスタートしたKEYTALKのセットリストは、全曲イントロで歓声が上がるまさにベスト選曲。相手が後輩だからって容赦しない本気を見せつけながら、1時間丸々、存分に客席を揺らすと、最後はEDMの要素をもある「Summer Venus」でスタンディングの客席をダンスフロアーに変えた。

そして、“熱狂”という言葉が相応しい、そんな盛り上がりを作り上げたKEYTALKを、サイダーガールは最新シングル「クローバー」を含む新旧のレパートリーを並べたセットリストで迎え撃つ。さわやかさと儚さが入り混じるギターロックの魅力は相変わらずながら、バンドの演奏はグッと骨太に。指弾きとピック弾きを、曲ごとに使い分けるフジムラ(Ba&Cho)のベースが、これまで以上に存在感を主張する一方で、知(Gu&Cho)はフレーズを厳選したプレイで新たに芽生えた自信をアピール。Yurin(Vo&Gu)は抑えた調子の歌声も巧みに交えながら、ヴォーカリストとしての表現力に磨きを掛ける。三者三様に見せた新境地は、春のワンマンツアーを経て、それぞれに辿り着いた答えなのだろう。重心が低くなった演奏からはサイダーガールの新たなバンド像も感じられた。「太陽系リフレイン」のカバーとパーティーを意識したダンサブルな「メランコリー」でアンコールを盛り上げると、フジムラの誕生日を祝うためにKEYTALKのメンバーたちがケーキとともに再登場。となれば、そのケーキをフジムラの顔に! そんなサプライズが先輩と後輩の交歓をより強く印象付けた。

撮影:イシワタタツル/取材:山口智男

サイダーガール

サイダーガール:シュワシュワと弾ける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっと言う間に消えてなくなってしまう儚さ。そして、どんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指して2014年5月結成。17年メジャーデビュー。18年11月に2nd アルバム『SODA POP FANCLUB 2』をリリース。その後アルバムを引っ提げ『サイダーガールTOUR2019 サイダーのゆくえ -SPACESHIP IN MY CIDER-』を開催し、全国各地でソールドアウトとなる。

関連ライブレポート