Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

コレサワ ライヴレポート

【コレサワ ライヴレポート】 『ワンマンツアー 2019 おめかしツアー vol.1 コレサワとクインテット』 2019年5月24日 at ヒューリックホール東京

2019年05月24日
@ヒューリックホール東京

シンガーソングライターのコレサワが“おめかしツアー”と掲げ、“コレサワとバイオリン”“コレサワとクインテット”の2パターンの編成で全国を回るツアーを開催。全9公演のうち、クインテット(五重奏団)とともに東阪の2カ所で行なった『ワンマンツアー 2019 おめかしツアー vol.1 コレサワとクインテット』東京公演をレポートする。

“お洒落をして行きたくなるような演奏会”がテーマという本ツアーのドレスコードは白とパープル。気持ちが華やぐ趣向からして、すでにいつもとは違う特別感が出ていた。静まり返ったホールのステージに弦楽器4人+ピアノのクインテットとコレサワが登場。1曲目の「シュシュ」でのコレサワは歌のみで、ミディアムな楽曲にさらなる余韻を感じさせた。「あたしを彼女にしたいなら」では手拍子を煽り、跳ねながらアコギを掻き鳴らす一方で、映画さながらの世界観に引き込む「パープル」「悪いユメ」といった多彩な選曲でも楽しませる。

藤澤有沙(Pf)とふたりで演奏した「最終電車」はピアノとアコギの呼吸感が絶妙で、続けて「女子諸君」「君とぬいぐるみ」をひとりで届けたあとはツアーの全9カ所をともに回った島内晶子のバイオリンに乗せて「笑えよ乙女」を歌い上げた。さらに、島内と藤澤との3人で “コミュ障シンガーソングライター”みゆはんに提供した「たばこ」のアンサーソング「恋人失格」をセルフカバーと、中盤はこの日ならではの編成が観どころだった。

再び全員がステージに揃うと、「君のバンド」のコール&レスポンスで客席を活気に満ちさせる。初めて生の弦楽器を入れて制作をしたことで今ツアーのきっかけともなったという「最後の有給」披露後、秋に東阪で『コレサワ 2nd Anniversary君におんがえしツアー』を開催することを発表。最後の「SSW」で観客を立ち上がらせると、この日のドレスコードであった白とパープルに染まった会場に、思わず笑みがこぼれるコレサワ。幸福感に包まれ、大成功と言えるラストに、胸がいっぱいになったのは私だけではないはず。

メジャーデビュー2周年を記念した『コレサワ 2nd Anniversary君におんがえしツアー』の恵比寿ザ・ガーデンホール公演は、自身最大キャパシティということで、すでに気合い十分のようだった。まだまだ可能性しかない彼女の行く先を心待ちにしたい。

撮影:小坂茂雄/取材:高良美咲

コレサワ

コレサワ:大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。2015年4月に初の全国流通盤EP『君のバンド』、12月に2nd EP『女子、ジョーキョー。』、16年9月に3rd EP『ジエイポップ』をリリース。17年2月に渋谷WWW Xで行なったワンマンライヴ『コレサワワンマンショー コレシアター03』にてメジャーデビューすることを発表。同年8月に1stフルアルバム『コレカラー』で日本クラウンよりメジャーデビューを果たす。