検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

BIGMAMA ライヴレポート

【BIGMAMA ライヴレポート】 『major 1st album “-11°C" リリースツアー「+11°C」』 2018年12月25日 at マイナビBLITZ赤坂

2018年12月25日
@

12月25日、聖なる夜にマイナビBLITZ赤坂にて幕開けした、BIGMAMAの最新アルバム『-11°C』を掲げた全国ツアー『+11°C』。アルバム収録の新曲を含む新旧人気曲に、クリスマスならではの楽曲も加えた全30曲をほぼMCなしで披露するという、ストイックかつスペシャルな夜となった同公演は、この日配信の新曲も初披露され、華やかに賑やかに聖夜を彩った。

クリスマスツリーやモールといったベタな飾り付けもない、シンプルなセットで静かに激しく始まった。メジャーデビュー曲「Strawberry Feels」やアルバム収録の新曲「Miffy's mouth」といったアッパーなセットでフロアーをぶち上げると、金井政人(Vo&Gu)と柿沼広也(Gu&Vo)の息の合ったツインヴォーカルやギターアンサンブルが楽曲に深みや奥行きを与えた「Funbalance」など、しっかり聴かせる歌と演奏で魅了する。ほぼMCなしで矢継ぎ早に披露される楽曲たちがさまざまな風景を生み、ひとつの物語を作り上げていくライヴを観て、僕はBIGMAMAというバンドの職人気質と言えるほどのこだわりとストイックさ、スキルの高さにうぬぬと唸っていた。

過度なMCや演出もなく、ただひたすらに楽曲のみでライヴ空間を作り上げていく音楽職人・BIGMAMA。彼らの歌や演奏に身も心も委ねて感情揺さぶられる中、金井が“新曲です”と披露したのは、この日配信された「Foxtail」。クールな中に熱さを秘め、しなやかさと逞しさを併せ持つこの曲はこの季節にもぴったりで、初披露ながら耳と心に浸透していくのが分かる。さらに「Happy Xmas」のイントロを加えた「MUTOPIA」、クリスマスの定番曲「My Greatest Treasure」と、嬉しいプレゼントに観客も《Merry Xmas!》の声を合わせてスペシャルな夜を満喫。そして、投票でアルバムリード曲に選ばれた新曲「Step-out Shepherd」、会場の熱気と真っ赤な照明がカオティックな盛り上がりを生んだ「荒狂曲“シンセカイ”」といった楽曲がこの日のクライマックスを生んだ。

クリスマスのスペシャル感もあり、素晴らしい日となったこの夜。新曲「Foxtail」にある《今日が素晴らしい日でなく これは素晴らしい日々のはじまり》の歌詞通り、この日はあくまでも素晴らしい日々のはじまり。ここから2月末まで続くツアー『+11°C』は、最高の幕開けで初日を迎えた。

撮影:高田梓/取材:フジジュン

BIGMAMA

ビッグママ:2002年結成。メンバーチェンジを経て07年、現体制となる。数々のフェスに出演し、自身のツアーでは軒並みソールドアウトが続出。全作詞を手掛ける金井のリアルな言葉と、その独特でユーモラスな世界観で多くのファンから絶大な支持を得ている。そして、現メンバーとなって10周年となった17年9月にキャリア初となるベストアルバム『BESTMAMA』を発売し、10月に開催した初の日本武道館公演はソールドアウトに。さらに翌18年3月にはシングル「Strawberry Feels」でメジャーデビューを果たした。

SET LIST

試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。