検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

angela ライヴレポート

【angela ライヴレポート】 『angela Live 2018 All Time Best in 日比谷野音』 2018年10月27日 at 日比谷野外大音楽堂

2018年10月27日
@

angelaが10月27日(土)に開催した日比谷野外大音楽堂公演は、デビュー15周年を記念してリリースされた2枚のベストアルバム『angela All Time Best 2003-2009』と『angela All Time Best 2010-2017』を引っ提げ、まさにステージのバックドロップに掲げられた“全時間的至高”という文字通りに、15年の軌跡はもちろん、挑戦の数々であり、楽曲の振り幅が堪能できるライヴだった。

“All Time Best in 日比谷野音”ということで、デビュー曲「明日へのbrilliant road」からスタートしたセットリストには代表曲や人気曲、さらにライヴにおける定番曲やキラーチューンが並ぶ。しかも、そのほとんどがアニメの主題歌曲。曲ごとに明確な世界や色があり、アレンジもドラマチックだ。TVアニメ『シドニアの騎士』のOP主題歌「シドニア」がシリアスな音像を作り上げたあとに、TVアニメ『アホガール』のOPテーマ「全力☆Summer!」で思い切りポップに弾けるという落差も、この濃厚メニューだからこその醍醐味だろう。当然、約3,000人のぢぇらっ子(ファンの呼称)はイントロが鳴らされるだけで歓喜に沸き、その楽曲に合った色に輝かせたangelaビーム(ペンライト)で客席を染め上げるのだった。

また、凄腕のメンバーを集めたというバンドによるサウンドも強靭だ。そこにブラス隊も加わって楽曲の表情に華やかさが増し、その上でatsukoがしなやかさと力強さを持った歌声で観客を魅了する。特にジャジーな「in your arms」や深愛なバラード「愛すること」、路上時代を支えたというふたりにとって思い入れ深い「笑顔をみせて」での圧巻のヴォーカリゼーションは流石のひと言。KATSUも華麗なギタープレイだけでなく、「騎士行進曲」で応援団のように勇ましく大太鼓を叩き、ライヴでは初披露の「Lost Small World~檻の向こうに~」ではアコギを奏で、終演後には“もう1回、武道館に行きてぇー!”と未来に向けて意思表示。そんな全25曲のステージはデビュー15周年&結成25周年とメモリアルである以上に、angelaというユニットの持てる魅力を最大限に提示し、さらなる“次”を期待させるものとなった。

撮影:釘野孝宏/取材:土内 昇

angela

アンジェラ:低音から高音に伸びる独特のヴォーカルセンスを持つatsukoと、キーボードやギターなどでその世界観を生み出すKATSUによるユニット。2003年にTVアニメ『宇宙のステルヴィア』の主題歌「明日へのbrilliant road」でメジャーデビュー。以降、『蒼穹のファフナー』など数々のアニメ作品の主題歌を担当。また、海外イベントへも多数出演しており、14年7月にアメリカでの『Anime Expo』、同年12月にシンガポールでの『Anime Festival Asia 2014』、15年にはタイ、カナダ、ドイツで開催されたアニメコンベンションなどに参加。17年には自身初の単独日本武道館公演を成功させた。