検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

嘘とカメレオン ライヴレポート

【嘘とカメレオン ライヴレポート】『ここHOLEヲトシアナTOUR』 2018年10月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2018年10月27日
@

“ようやく”でもあり、“早くも”でもあり...いろいろな意味で“戻ってこれた!”実感と歓びが暴発した一夜だった。嘘とカメレオンが10月27日、全国ツアー『ここHOLEヲトシアナTOUR』を渋谷CLUB QUATTROで完遂した。車両事故による制作&発売延期を経て、がゆえにより納得のいく作品に仕上がったニューアルバム『ヲトシアナ』とともに全国を回ったその最後の地は、上述の“歓びの暴発”を受け止める無数の“お帰りなさい”の呼応との幾つもの交歓が待っていた。

ワンマン恒例の映像はメンバー扮する凶悪犯罪集団が拘置所より脱獄し、このクアトロに潜伏したという内容。それらと入れ替わりすでにステージではメンバーがスタンバイ。“1日まとめて遊ぼうぜ~!”と渡辺壮亮(Gu&Cho)のシャウトを呼び声に「百鬼夜行」が放射される。菅野悠太と渡辺のツインギターによる疾走感と青山拓心(Dr)が叩き出すラテンポップ、躍動感あふれる渋江アサヒの5弦ベースが魑魅魍魎の世界へと誘えば、「フェイトンに告ぐ」では2本のギターがパラレルに広がり、チャム(.△)(Vo)も歌世界を体やジェスチャーを交え表現していく。

“曇り止めも効かない熱気だよ”とは渡辺。序盤後半ではハネる曲が目立ち、「JOHN DOE」ではミクスチャーさ、「鳴る鱗」ではファンキーさが味わえた。また、中盤ではダイナミズムのある曲が耳を惹いた。「テトラポットニューウラシマ」ではチャム(.△)の歌声が切なさと天空さを広げていけば、スリリングさと怒涛性と神秘さが同居した「輝夜華ぐ夜」、6/8リズムの「うみねこの鳴く街で」では艶っぽくその歌物語を広げていった。

後半は盛り上がり曲が連射された。チャム(.△)の腕組みヘドバンも飛び出した、サビのストレート部も気持ち良い「N氏について」がさらに一体感を育んでいけば、この日一番の盛り上がりを魅せた「されど奇術師は賽を振る」では踊れや歌えと宴を煽り、火に油が注がれていくのを見た。本編最後は「キンイロノ」が明るく希望を携えて歌われ、その込められた想いが会場のひとりひとりに贈られた。

アンコールは“最高の景色をこれからも作っていくから付いてきてくれ!”(渡辺)の言葉のあと、激しさと叙情性、ダイナミズムをブレンドした「盤下の詩人」が会場全体をギュッと抱き締め、この長くて短い全国ツアーは無事幕を閉じた。

撮影:RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER)/取材:池田スカオ和宏

嘘とカメレオン

ウソトカメレオン:2014年4月1日に結成。16年12月にYouTubeにアップロードした初制作のミュージックビデオ「されど奇術師は賽を振る」が公開から半年あまりで再生回数が180万回を突破し(2018年8月現在では340万回)、17年9月にリリースした全国流通CD『予想は嘘よ』がオリコンインディーズチャート週間5位を獲得するなど注目を高める中、18年9月にアルバム『ヲトシアナ』でメジャーデビューを果たす。