検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

Dragon Ash ライヴレポート

【Dragon Ash ライヴレポート】 『Dragonash Live Tour MAJESTIC Final』 2018年1月28日 at 横浜アリーナ

2018年01月28日
@横浜アリーナ

場内に「Majestic」が鳴り響き、メンバーたちの姿がライトで照らされた瞬間、客席の全エリアから起った歓声が凄まじかった。そして、「Stardust」へ突入するや否や圧倒的な熱気で染まった横浜アリーナ。バンドと観客が完璧に一体化した空間が生まれていた。

アルバム『MAJESTIC』の収録曲が連発された他、THE MAD CAPSULE MARKETSのカバー「Pulse」も飛び出し、クラウドサーフが沸き起こり続けた会場の風景が美しかった。「百合の咲く場所で」の途中でKj(Vo&Gu)が口にした“お前らがいたらライヴハウスみたいなもんだな!”という言葉は、あの瞬間に心底実感したことなのだと思う。そして、「Fantasista」がスタートする直前の“20年、ロックバンドをやってて、今の時代が一番カッコ良いバンドが多いと思ってる”という彼のMCからは、刺激的なシーンを築き上げた張本人としての誇りと喜びがうかがわれた。

アンコールで「Viva la revolution」を披露した直後の桜井誠(Dr)の言葉も印象的だった。“1999年に、ここ(横浜アリーナ)でライヴをやりました。俺、今、38歳。ダブルスコアですよ。こんなに愛されて、続けられると思ってなかった”。そして、「Drugs can’t kill teens」「繋がりSUNSET」「Curtain Call」も届けられて迎えたエンディング。デビュー20周年を経て一層強靭となったDragon Ashの雄姿を清々しい余韻が包んでいた。

撮影:shimboyuki、mao Yamamoto、michitogoto、TAKAHIRO TAKINAMI/取材:田中 大

Dragon Ash

ドラゴン・アッシュ:1997年、Kj、IKUZONE、桜井誠の3人でデビュー。その後、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-Vが加入し7人編成になるも、12年にオリジナルメンバーのIKUZONEが急逝。13年、現在のメンバー6人で再び前進することを決意する。今アルバムよりKenKenがレコーディングに全面参加。デビュー時よりあらゆるジャンルを驚異的なスピードで横断し、Dragon Ashとしか表現しようのない音を鳴らし続けている。

twitter Facebok google+ LINE