Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

STRENGTH.

STRENGTH.

  • 歌手:
    abingdon boys school
  • 発売日:
    2009/02/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 76,550
 
乾いた唇 凍てつく太陽に 晒されて
溢れる涙が 滴る眩しさで 僕をなぞるから

足りない箇所を ただ埋め合う様に 君を求めていた
触れ合う指に 伝わる切なさだけを 掻き集めて

鼓動の奥に 翳す願いを
宿命(さだめ)と言うなら
残された記憶と 失くした君の面影が
今も置き去りのまま…

微かな吐息と 震える眼差しに 揺らめいて
擦れる魂を 瞳(め)を射る煌めきが ふたりを包んで

出逢わなければ 傷付け合う事さえも なかったのかな?
もがれた羽の 痛みに寄り添いながら そっと睡(ねむ)ろう

戻れないから 還(かえ)れないから
命を嗄して
遠ざかるあの日と 失くすばかりのこの腕が
君の温もりに 焦がれて…

誰もが違う 寂しさ持ちよって 未来(あす)を欲しがるけど
君が目指した 汚れなきその強さで 僕を壊して

声に出来ずに 途絶(た)えた祈りを
宿命(さだめ)と銘付(なづ)けて
残された記憶と 失くした君の面影が
餓えたこの胸に 今も置き去りのまま…