検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

あいたい

あいたい

  • 歌手:
    大江千里
  • 発売日:
    1994/11/21
この曲の表示回数 26,391
 
夕焼けが目に染みて こらえられないこんな日
なんとなく自転車で きみの住む町へ行くよ
くれなずむ坂道で 遮断機の音をきいた
はしゃぐ声 すねるくせ あの日のぜんぶ恋しくて

柳の下の さびた看板
けんかした 長い影 ふたり揺れていた

もう一度 きみにあいたい
あのころの きみにあいたい
抱きしめたい 無邪気すぎる瞳
夢さえも むきだしのまま
手さぐりで 求めあってた
はりさけそうな 永遠かみしめて

きみらしく生きること それがいちばんできない
巡りあった偶然に せかされてここまで来た

ガードレールの むこうの空地
家路急ぐ 子供達 声がこだました

もう一度 夢に逢いたい
あの風を 胸にうけたい
抱きしめたい やみくもなまなざし
ぼくは今 走りつづける
きみは今 かわりつづける
ちがう空に 永遠うかべて

季節はずれの 海を目指した
線路わき 低い雲 何もうつらない

もう一度 きみにあいたい
あのころの きみにあいたい
抱きしめたい 無邪気すぎる瞳
夢さえも むきだしのまま
手さぐりで 求めあってた
はりさけそうな 永遠かみしめて

もう一度 夢に逢いたい
あの風を 胸にうけたい
抱きしめたい やみくもなまなざし
ぼくは今 走りつづける
きみは今 かわりつづける
ちがう空に 永遠うかべて