Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

小春日和

小春日和

  • 歌手:
    椿屋四重奏
  • 発売日:
    2004/04/21
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 32,336
 
零しまいと空見上げて 失くしまいと握りしめて
夜風に抱かれながら 物憂げを仕方なく連れて帰る
まだ期待は鳴りやまない また次第に熱を帯びて
胸に収まりきれずにある時 弾け飛んだ君の目の前で

移りゆく季節に 身を任せながら
笑い泣く君が 僕には欠かせないのさ
長い髪を風になびかせ佇む 落ちかけた日差しに溶けた
君が儚いんだ

届かないと嘆きながら 終わりきれない 理由は何処に
君に尋ねてみたが その度に小さく微笑みを返すばかり
似通った色合いの思い出を持ち寄って
床一面に敷き詰めた 日の暮れるまで

移りかわる日々に 振り払われまいと
笑い泣く君が 僕には欠かせないのさ
長い髪を風になびかせ佇む 落ちかけた日差しに
移りゆく季節に 身を任せながら
笑い泣く君が 僕には欠かせないのさ
長い髪を風になびかせ佇む 落ちかけた日差しに溶けた
君が儚い 君が儚いんだ