Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

フィナーレ

フィナーレ

  • 歌手:
    椿屋四重奏
  • 発売日:
    2009/08/19
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 31,752
 
そうさ俺は いつまでも発展途上で
あの日に囚われたままストップしてる

憎しみを燃やしながら走らせた
死に場所を探すように

最果てのこの街で
奴を見かけた

幸せは幼い手にひとかけら
それ以外は絶望

今日最終の列車に
奴が乗り込む

生きていく意味を教えてくれ
最後に何か答えをくれ
君に触れたときの安らぎ
君に思うことの切なさ
ただそれだけは
胸に抱いていた

ひとつだけ後悔があるとするなら
君を知った事だろう

改札を出たとき
俺は駆け寄る

奴を消したら俺も消えよう
永い苦しみに火を放とう
これで全てが終わるのだろう
あの夜と同じ星空が
いま俺の上で
瞬いていた

生きていく意味を教えてくれ
最後に何か答えをくれ
君に触れたときの安らぎ
君に思うことの切なさ
ただそれだけは
胸に抱いて

涙で俺を溶かしてくれ
跡形もなく溶かしてくれ
赤く染まる床に寝そべり
子守唄を口ずさみながら
今 俺は引き金に指をかけ
目を閉じて 君を浮かべていたよ