検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

偽りの新銀河

偽りの新銀河

  • 歌手:
    椿鬼奴 With 伊礼彼方
  • 発売日:
    2018/09/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 103
 
空にしみ出した 三日月
息を とめて まぶたとじるの

手のひら のばして 触れたら
消えた あなた いるはずもない

そばにいて 抱きしめて
あきれるほど 胸が痛むの
どうして?

吹き出した 強い風が
かき消していく 淡い影

夢見た 場所へ 連れて 逃げて
嘘で つないだ 星座

微笑み 交わす ことなくても
生きていくと決めた ふたり
あの日の銀河

揺れた気がしたよ三日月
指で止めてみたりして ひとり

キミのうつむいた横顔
思い出した まだ残ってる

聞こえた気がしたんだ
ふりかえってキミを探すよ
どうして?

後ろから吹く風なら
まだ止まないで
願ってた

朝まで光る 星になって
命つきたら ふたり

重なりあって作る 星座
不器用だけど今
嘘の 神話になるよ

窮屈そうなまつげ
忘れるなんてはもう無理よ
苦しくない
泣いてもいない 嘘よ
はりさけそうなこの身を焦がして

だけど今

夢見た 場所へ 連れて 逃げて
嘘で つないだ 星座

あの日の かけら 空に 投げて
秘密 ひとつ 消さなきゃ

願いは 叶う ことないけど
流れ星に祈る 愛は
ふたりの銀河

密かに輝くよ
偽りの銀河
 
\
\
\ \ \
}