Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

どんなに好きでいても

どんなに好きでいても

  • 歌手:
    はしっこは168せんち
  • 発売日:
    2018/08/01
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,524
 
校舎の西側 陽が沈んでオレンジ色
いつもの放課後が短い気がする

僕らは中庭 進路について語り合って
階段 伸びて行く自分のその影 眺めた

求める未来見つからなくて 焦り始めている
心の抜け道はどこにあるのだろう

どんなに好きだとしたって どうにもならないかもね
お互いの(お互いの) 人生が(人生が) すれ違ってくタイミング
遠くの大学へ行く君の夢を否定しない
愛しさは胸の奥 クラスメイトのままでいる

窓から漏れてた灯りを誰か消したらしい
辺りが薄暗くホントの気持ち見えない

やれることって何かあるのか?自信もなくなった
大人に急かされて 答えに困ってる

どんなにそばにいたくても どうにもならないことだ
新しい(新しい) 一歩目を(一歩目を) 踏み出そうとしてるのに…
あなたの夢って何?って ふいに君に聞かれた時
このままじゃダメだって今更ながら思ったよ

僕は立ち上がって(卒業までに)
空に星を見つけたくなった

どんなに今が切なくて 涙が溢(あふ)れそうでも
この一瞬(この一瞬) 君のこと(君のこと) 応援してあげたくなる

どんなに好きだとしたって どうにもならないかもね
お互いの(お互いの) 人生が(人生が) すれ違ってくタイミング
遠くの大学へ行く君の夢を否定しない
愛しさは胸の奥 クラスメイトのままでいる

友情だけの僕でいる