Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ぬけがらの詩

ぬけがらの詩

  • 歌手:
    LAID BACK OCEAN
  • 発売日:
    2017/06/28
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,676
 
僕は以前そこにあった時の事を
いつも考えていた
いつのまにか自分自身のぬけがらを
眺める職業についていた

生きているという事は
生きていないという事より意味がある
そこに在る事は
無い事より 価値があると言える根拠を
僕は「惰性」という言葉 以外の理由で知りたかった

お母さんが帰ってこない夕方のことを
最終電車が行ってしまったホームのことを
足りないという事は
満ち足りた状態を夢見る所から 生まれてくる

ポケットにあるものは役に立たないものばっかだけど
あの窓際に咲いた名もない花の匂いを
思い出せたなら いいのにな

あの日からの ぬけがらが
妙に奇麗に見えるから
僕はそこにいもしない自分を
遠くからみている
ぬけがらは亡きがらではないから
どこか違う場所にいるのかな?
言葉やメロディはそれ故に
蝶のように 空を羽ばたく夢を見る

死んでしまったミュージシャンの歌声だけが
なんだか胸に響いて
壊れてしまったイヤフォンに
ずっと気づけずにいたんだ

大丈夫ですか 大丈夫ですか 聞こえてますか?
大丈夫ですか 大丈夫ですか 届いてますか?
道端に捨てられているだけの 空き缶みたいな日々を
嫌いになれたならいいのにな

あの日決めた約束が
今も胸に残るから
僕はずっと来もしない未来を
遠くからみている
また明日ねが さよならになるから
僕はまたわからなくなってしまう
憎しみも悲しみもそれ故に
蝶のように 空を羽ばたく夢を見る

あの日からの ぬけがらが
妙に奇麗に見えるから
僕はそこにいもしない自分を
遠くからみている
ぬけがらは亡きがらではないから
どこか違う場所にいるのかな?
言葉やメロディはそれ故に
蝶のように 空を羽ばたく夢を見る