Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

南町から

南町から

  • 歌手:
    平松愛理
  • 発売日:
    1996/07/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,456
 
春には海に近い校舎で
記念のスナップにVサイン
離宮公園の桜たち
くもった日が鮮やかで
グレイのキャンバスに
夢は咲くものと
教えてくれたはずなのに

ありふれた毎日があたりまえじゃなくなる
こんな日がくるなんて
何気ない一言がさり気ない微笑みが
こんなに暖かくて
まだ見ぬ薄紅の花びら
もっともっと
あの日へと置き去りの人の夢
咲き誇れ

夏には波打ち際走った
遠くで母の呼ぶ声がした
須磨海岸で陸サーファー
気取る頃気がついた
寄せる波が傷
ひく波が時間
そして去ってく 人生のように

あといくつ波くればどれだけの時経てば
痛みおさまっていく
どんな偉い学者でも有名な政治家も
心までは量れない
小さな無数の引き潮が
そっとそっと
いつまでも乾かない深い傷
さらってゆけ

秋には山へ落ちる夕日が
焦がした初めての恋心
お揃いのシャツで三ノ宮
けれど顔さえ見れず
真っ赤な六甲を
背に港へ続く道歩いた
黙ったまま

どこにいてどう生きても何をどう失くしても
思い出は変わらない
きんもくせい咲く季節めぐる度甦る
蒼かった日々のこと
神さまでさえ消せはしない
ずっとずっと
かけがえのない記憶自分だけの
History

冬には聖歌隊に混じって
異人館通りでアヴェマリア
山手教会のクリスマス
空届きそなもみの木
積もりはじめる雪は
すべての罪を
許してしまう最上の愛

捨てるはずのなかった果たすはずの思いが
天国で雪になる
希望へと向かった時もう一度愛になって
すべての人に降るの
新しい生命のうたになる
きっときっと
強い町になっていく故郷へ
届くように
人生の道しるべ はじまった
南町へ