Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

月蝕のヴァニタス

月蝕のヴァニタス

  • 歌手:
    ファンタズム:FES(榊原ゆい)
  • 発売日:
    2014/12/24
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 5,103
 
どんな穢れのない無垢な瞳にも 翳り射す儚いさだめ
美貌の月下には砂上の楼閣 音もなく失われた場所

思い知るだろう 愚かな選択 薄ら笑いの神の羊たちよ
狂気孕んだ夢掲げて 正しいものだけを壊してゆく

今ここに映るすべてが 偽善のまやかしなら
犠牲者の屍が 真の意思を語るだろう
その時を待てり 新世界の胎動 覗き込む深淵に 連鎖してく啓示から
ひと筋だけの光が暴き出すもの 真実とは美しき傷み

誰も自らだけ庇う裏切りに 身をやつし無慈悲を嗤う
虚栄の伽藍には傀儡の牢獄 理不尽に歪められた鍵

思い知るがいい 気高き「その目」で 繰り返される謎の無限螺旋
心侵され引くトリガー 囮たちの群れに飲まれてゆく

ただひとつの真理だけを 求め続けて欲しい
それがきっと明日の 贖いだと願うから
眠りを解かれた 新世界の胎動 隠されてた符号に 手招きする破滅へと
たとえどんなに残酷な結末でも 真実なら躊躇いはしない

君が望むならば 運命を見せよう
逃れられない妄想、侵食、ヴァニタス、永遠…

今ここに映るすべてが 偽善のまやかしなら
犠牲者の屍が 真の愛に変わるだろう
その時が来たり 新世界の胎動 堕とされた深淵に 響き渡る叫びから
ひと筋だけの光が指し示すもの 真実とは罪深き命