検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Our Song

Our Song

  • 歌手:
    安倍麻美
  • 発売日:
    2003/07/02
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 14,674
 
距離を越えて 時を越えて
全てを飛び越えて 届くものが有るよ

つまずいたり 転んだりを 繰り返し 気付けた事も
(無意味の中から、拾う意味)

部屋の端っこで ちっさくなり 泣いてた僕に
いつも手を差し伸べてくれたのは 歌でした
(星降る夜窓を叩く黄金色の流星 モノクロの渇いた絵も鮮やかに輝く)

だから同じよに ひとりで泣いてる あなたの涙を ぬぐってあげたい…

そしてそれが出来るとしたら 歌だけだから
歌しかないから ねえ… あなたへ届いてますか?
(星降る夜窓を叩く黄金色の流星 モノクロの渇いた絵も鮮やかに輝く)

頬を撫でる 風が夏の 香りと想い出を 僕らへと届ける

全部しょって 歩いてくと 君と約束したっけかなぁ
(綺麗な過去程、哀しくて)

クラスのみんなで 声合わせ歌った歌に
込められた意味が今になり やっとわかったよ
(かわいそな自分に酔いあぐらかいてた過去…
無駄の無い窮屈さと味気なさと脆さ)

正しい選択 それ故の挫折 逃げ出す事さえ 勇気が必要

「ありがと」今なら 照れないで 上手く言えるよ
その気持ち込めて 歌うから 聞いてくれますか?
(夢を持つ故のリアリスト叶えてこその夢
哀しみが鍵と変わりその扉を開く)

強いだけで中味の無い
鎧脱いで過去に捨てた華奢な心求む旅路

部屋の端っこで ちっさくなり 泣いてた僕に
いつも手を差し伸べてくれたのは 歌でした

部屋の端っこで ちっさくなり 泣いてる君へ
僕のこの歌は 君のもと届いてますか?
(星降る夜 窓を叩く黄金色の流星
モノクロの渇いた絵も鮮やかに輝く)