Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

存在

存在

  • 歌手:
    UNIST
  • 発売日:
    2014/07/09
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,416
 
秒針が 進む度 襲いくる 絶望に
己の無力さに 同時に気づいていく

それでも朝が来れば 街の孤独 無視するように
理不尽なほどに輝く 現在を照らす 無口な太陽

廻る時代の早さに 疲れ 立ち止まって
君に気づき 笑い合う時間が ゆっくり流れていく

不可解なほど 効能を発揮する 僕専用安定剤

確信の持てない愛 時に疑心暗鬼なほどに
己の醜さに鋭利な嫌気がさす

それでも夜になれば 全てを嘲笑うように
キザなフォルムで煌めく 深い闇を切り裂く流星

廻る季節の狭間で 涙 こらえている
変わりゆく時代にすら 今日も君は笑っている

幸せな未来 いつでも指し標す僕専用羅針盤

廻る時代の早さに 疲れ 立ち止まって
君に気づき 笑い合う時間が ゆっくり流れていく

廻る季節の狭間で 涙 こらえている
変わりゆく時代にすら 今日も君は笑っている

不可解なほど 効能を発揮する 僕専用安定剤