Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

君の笑顔がなによりも好きだった

君の笑顔がなによりも好きだった

  • 歌手:
    Chicago Poodle
  • 発売日:
    2013/08/28
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 46,293
 
君の笑顔がなによりも好きだった
同じことで笑いあったね
ふとした瞬間に いろんな君を思い出す

『僕が現実的過ぎた』と今になって悔やんでる
『君との夢のために』もっと生きるべきだった

君のいない 秋祭り
今の僕はyounger than yesterday

花びらが舞うように君は笑ったね
もっと笑わせたかった
晴れているのに冷たい雨が降っている

君の笑顔がなによりも好きだった
みんな一人じゃ生きれない
君の帰る場所で 僕はずっと在り続けたい

絵空事みたいな未来も本気で信じられた
あの日の僕たちに こんな日が来るなんて

人間(ひと)は何故 強がって
かけがえのないモノを失くすのだろう

この声は明日(あした)の君に届くかな?
無邪気に笑いあってた
どうして僕には今も君しかいないんだろう

君の全てがいつも僕にチカラをくれる
運命なんて信じない
だけど君に出逢えた このキセキ信じていたい

『君の決断』は揺るがないことはよく知っています
僕の真ん中にある『君のカケラ』
君を失って初めて強く思った
『生きる意味』ってなんだろう

花びらが舞うように君は散ってゆく
不器用にしか愛せなかった
あの頃僕は今よりもっと老けていた

君の笑顔がなによりも好きだった
また今日の日が始まる
ふとした瞬間に いろんな君を思い出す
君の帰る場所で 僕はずっと在り続けたい