検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

名もなき花の向こうに(仮)

名もなき花の向こうに(仮)

  • 歌手:
    森山直太朗
  • 発売日:
    2012/04/11
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 8,292
 
逆にこんなこと言っても信じないかもしれないけれど
例えば世界はもう終わっているんだよ
それどころかまだ始まっていないのかもしれない
全てはもう言葉の問題でしかないんだよ

十二月の冷たい雨に降られて悴んだ両手を口元に翳し
「今年ももう終わっていくのですね」なんて空々しく君が呟く

疲れきった体を壁に擡げて一つずつ一つずつカーテンの柄を数えてる
目を閉じると雨に濡れたアスファルトの道を走るSUZUKIの音が聞こえてくる

いつだって僕は壊れそうなものばかり集めて
本当の気持ち消し去っていった
今日だってそうさ 何も知らないようなフリして
宿り木にぶらりぶら下がってる

もうラブソングは二度と書かないって決めたから
しばらく君とも連絡を取っていないよ
愛した人とさえも幸せを掴めない僕に
明日を夢む元気などないんだよ

こうやって僕は傷ついたことにかまけて
遠くにいる誰かを見下ろしているんだ
今だってほら夜と朝がすれ違う時間に
できもしないことばかり考えている

今君は僕の知らない世界で
僕の知らない気持ちと向き合っているんだろう
君の幸せが風の便りによって届いたら
小説にでもしようかなと窺っている

時が過ぎてみんな老いさらばえてしまったら
この町の景色はどうなっているんだろう
風に揺れる名もなき花の向こうに
あんなにも凡庸な空が広がっている

風に揺れる名もなき花の向こうに
あんなにも凡庸な空が広がっている