Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

鳥籠と、少年

鳥籠と、少年

  • 歌手:
    じゃっく
  • 発売日:
    2011/09/14
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 12,312
 
これは、夢だから
いつか、醒めるから
せめて、僕の手で
終わらせて、しまおうか
君を、

通り雨
汚れた鳥を拾った
頬よせた震える羽は
はじめて知ったぬくもり

こんなに、弱くて
こんなに、脆くて
こんなに、熱くて
こんなにも小さな
君を、守りたくて

僕の、内側で
君を、抱きしめて
君に、絡まって
君に、鍵をかけて

cage
僕が、君の鳥籠になうう

時の流れが
折れた翼を癒した
風、空、雲
君は望むの
飛べない僕を残して

これが、夢ならば
いつか、醒めるなら
いっそ、僕の手で
閉じこめて、しまおうか
罪を、檻に変えて

僕の、内側に
君の、首筋を
君の、脈拍を
君の、吐息をとらえ

cage
逃げ出せない牢獄に、なろう

君の体、握りしめてく
そっと、だけど、強く
君は最後に小さく、啼くだろう
そして僕も泣く、泣く

これは、夢だから
いつか、醒めるから
せめて、僕の手で
終わらせて、しまうんだ

君を、
その鼓動を

こんなに、弱くて
こんなに、脆くて
こんなに、愚かで
こんなにも小さな、

cage
永遠に、抱く
鳥籠の、中に