Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

六軒島慕情=交響幻想曲「無限の魔女」

六軒島慕情=交響幻想曲「無限の魔女」

  • 歌手:
    本木咲黒
  • 発売日:
    2009/12/23
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,946
 
長年勤めておりますが
所詮はパートタイマー 漁師の娘
体調不良や家族の不幸を理由に
退職と復職をくりかえしておりますが
お館様に気に入られておりまして
たとえ片翼の鷲をゆるされなくても
鯖を酢で〆るかのごとく
この身体には染み込んでいますとも片翼の鷲
己の息子を泣かしてまでも
我が命懸けて尽くしてきました
お館様のためぞとならば
孤立無縁のこの地でも
負けはしません 料理人
あゝうみねこが今日も鳴いています 六軒島慕情

彷徨い見失う我愛しの姫よ
正しく導くこの手は薄れ
全ては水泡のようにはじけ消える
我名を叫んでみても音の無い部屋には響かない
寂しさも伝わらない

人ならばやがて死ぬだろう
それは儚き夢のまた夢はまた夢
無限に繰り返す波紋は真偽
どうか忘れないでください 想い出も繰り返している事を
ふと訪れる寂しさに気づいた時は ねえ
あの呪文(ことば)を唱えてみて
それもまた無限に繰り返すのだから

本当は強く抱きしめてあげたいのだけど
この声はもう届かないのかもしれないから
せめて私の手で貴女に最期を贈るわ

どうか忘れないでお願い 幼き日共にみた夢の事を
死が訪れる嬉しさに気づいた時は もう
あの呪文(ことば)は意味を持たず
それはまだ無限に繰り返すのだから

彷徨い見失う我愛しの姫よ
正しく導くこの手も消えて
全ては水泡のようにはじけ消えた
我名を叫んでみても塵となり砕けた身体に
寂しさだけが重なりゆく