Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

嘘とカメレオン ライヴレポート

【嘘とカメレオン ライヴレポート】『はじめてのおつかいツアー ~ひとりでできるもん!~』 2019年7月5日 at 恵比寿LIQUIDROOM

2019年07月05日
@恵比寿LIQUIDROOM

嘘とカメレオン初の全国ワンマンツアー『はじめてのおつかいツアー ~ひとりでできるもん!~』が成長感と達成感の中、7月5日に恵比寿LIQUIDROOMにて完遂! “魅せる”ことを意識したステージングの向上とライヴでの各曲の最良な伝達方法。そして、楽曲本来が持つ体力で勝負してやる感。それらを含め冠通りの“ひとりでできるもん”を多分に体感した一夜だった。

“今日は音楽を届けにじゃなく、ぶつけに来た!”と渡辺壮亮(Gu)の煽り通り、各曲が次々と放たれては、フロアーから呼応や謳歌、無数の拳が都度ステージへと返礼されていく。この日は最新ミニアルバム『ポストヒューマンNo.5』の収録全曲が放たれた。「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」がライヴを走り出させ、歌われる点と点を線へとつなげていこうと誘えば、激しいのにゆらゆら漂うかのような「ルイユの螺旋」、場内の雄々しいコーラスとともに楽曲の完成に至った「パラダイム4210」、対して「Upius」では菅野悠太の6/8のロッカバラードのリズムギターも光り、その楽曲に秘めたエモーショナルを場内全体に染み渡らせる。

今ツアーではチャム(.△)のヴォーカルを中心としたメリハリや整備も印象深かく、がゆえに「N氏について」での青山拓心(Dr)のキメの技巧もより楽しめ、ラテンビート・ミーツ・わらべうた的な「終わりの果てのはなし」もより観客を炎上させる。また、「Lapis」では渋江アサヒ(Ba)が生み出すファンキーさが会場に躍動感とうねりを寄与させていけば、メディアムな三拍子の「うみねこの鳴く街で」ではじわじわと会場中にその秘めた想いが広がっていくのを見た。

後半は渾身の力を込め「されど奇術師は賽を振る」をはじめ人気曲たちが次々とフロアーをスパークさせ、ラストの「societal sanity」では渡辺の激歌とともにこの日最大のアグレシブさが場内を巻き込む。そして、アンコールは“これからもこの5人で好きなこと、カッコ良いことを信じて全力でやっていく!”(チャム(.△))との力強い誓いとともに「百鬼夜行」を投下。魑魅魍魎の先に待つ素晴らしい世界へと引導する覚悟を感じさせ、今ツアーは力強く結ばれた。

撮影:橋本 塁(SOUND SHOOTER)/取材:池田スカオ和宏

嘘とカメレオン

ウソトカメレオン:2014年4月1日に結成。16年12月にYouTubeにアップロードした初制作のミュージックビデオ「されど奇術師は賽を振る」が公開から半年あまりで再生回数が180万回を突破し(2019年5月現在では500万回)、17年9月にリリースした全国流通CD『予想は嘘よ』がオリコンインディーズチャート週間5位を獲得するなど注目を高める中、18年9月にアルバム『ヲトシアナ』でメジャーデビューを果たす。