検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

グッドモーニングアメリカ ライヴレポート

【グッドモーニングアメリカ ライヴレポート】 『みんなで!!!!YEAH!!!! ONE-MAN tour 2019』 2019年4月29日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2019年04月29日
@渋谷CLUB QUATTRO

6thアルバム『!!!!YEAH!!!!』を携えた全国ツアー『みんなで!!!!YEAH!!!! ONE-MAN tour 2019』のファイナルとなる、4月29日の渋谷CLUB QUATTORO公演。インタビューで金廣真悟(Vo&Gu)が“グドモらしさをとことん追求した”と語ったアルバムの充実ぶりがダイレクトに体感できる、“今のグドモ、最高!”なステージだった。

いつものように、たなしん(Ba)がフロアーに登場し、モーニング娘。の「LOVEマシーン」で盛り上がったあと、最新アルバムのタイトルチューン「YEAH!!!!」でライヴはスタート。エッジの効きまくったギターフレーズと恋人との別れを描いた歌が響き合う「むすんでひらいて」、ペギ(Dr)の強靭な4つ打ちビートとともに夢を追い掛けることの厳しさと切なさを描き出す「夢のマルティール」など、アルバム『!!!!YEAH!!!!』の収録曲が続けて披露される。メロコア直系の爆発的な高揚感と胸にグッと来る歌心を併せ持ったグドモのライヴは、今回のツアーによって確実に向上していた。“平成最後のツアーファイナル、自分たちもみんなも思い切り楽しませます!”と絶叫しまくる渡邊幸一(Gu)、ハッピーな一体感を演出しながらも“バンド続けてきて良かったなと涙が出てきました”と吐露したたなしんからも、このライヴに対する強いモチベーションが伝わったきた。

「明日また」「ゴールライン」といった“未来に対する意志”を感じさせる楽曲も強く心に残った。金廣真悟はMCの中で“昨日よりも今日のほうがいい、そういう自分でありたいとずっと思っています”“今までは良くないところに目を向けすぎていたのかなと”と語っていたが、現在のグドモは自らの魅力や武器にしっかりと焦点を当て、そこを拡大することで良い状況を生み出すポジティブなスパイラルに突入しているようだ。

紆余曲折を乗り越え、再び上昇気流に乗り始めたグッドモーニングアメリカ。アルバム『!!!!YEAH!!!!』を携えた今回のツアーの充実ぶりは、その最初の成果と言えるだろう。

撮影:watanabe'kool'syo/取材:森 朋之

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。15年11月には初の日本武道館公演を成功させ、18年はバンド結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』を打ち立て、さまざまな企画にトライしている。