検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

メトロノーム ライヴレポート

【メトロノーム ライヴレポート】 『ヤプー三神・巡礼~ヤプーが召喚 された夜~[ 05→98→18迄-7=20 ]』2018年9月1日 at 豊洲PIT

2018年09月01日
@豊洲PIT

結成20周年を駆け抜けるメトロノームが9月1日に豊洲PITにてワンマンツアー『ヤプー三神・巡礼~ヤプーが召喚された夜~[ 05→98→18迄-7=20 ]』のファイナル公演を開催した。場内にはアニバーサリーイヤーをともに満喫しようと多くのファンが集結。お馴染みのロボットヴォイスでメンバーが紹介され“コンニチワ、メトロノームデス”という声がリピートされる中、サイレンの音が鳴り響き、ライヴは「血空」からスタートした。

いくつものモニターに映し出される幾何学的なグラフィック映像をバックに鳴らされるピコピコ電子音とバンドの生音が融合するハイブリッドで懐かしいサウンド、シャラク(VOICECODER)の宇宙と交信するようなヴォーカルはどこから切ってもメトロノームワールド。最新アルバム『廿奇譚AHEAD』からの曲がのっけから立て続けに披露され、「我が為に鳴くパンドラ」ではオーディエンスがタオルを回して応戦。シャラクが小型シンセを操るテクノコーナーも盛り込まれ「友達の和」はみんなが手で輪っかを作って盛り上がるナンバー。20周年の節目にメトロノームの輪も確実に広がっているように思われた。

MCではシャラクが“これから毎回20周年記念ツアーをやろう。来年も再来年も20周年としてやっていったら、毎年3割ずつ人が増えるような。来年からは僕はミュージシャンじゃなく詐欺師(笑)”とらしい平熱の語り口で笑わせ、フクスケ(TALBO-1)は対照的にハイテンション。“俺たちのライヴはそこまで暴れることもなく、そこまで声を出すこともなく、そこまで静かでもない! 何てちょうどいいんだ!(笑)”と煽って和風テクノ風味の「MATSURI」でみんなを躍らせ、コール&レスポンス。さまざまな声を使い分けるシャラク、TALBOギターとテルミンを自在に操るフクスケとTALBOベースでスラップとメロディックなフレーズで彩るリウ(TALBO-2)の三神が繰り出す中毒性の高い曲たちを新旧織り混ぜて披露し、鳴り止まない声援の中、トリプルアンコールも実現。シャラクは“俺たちはもっと上に行きたい!”と宣言。20周年の締めとなるワンマンツアーを11月から開催することも発表された。

撮影:大塚秀美/取材:山本弘子

メトロノーム

メトロノーム:1998年結成。東京を中心に活動開始。メンバー全員が黒/黄の衣装を着用しており、音楽性はテクノポップの影響下にある独自のサウンドをプレイ。ニューウェイヴやパンクロックからの影響も感じさせる唯一無二の個性を放つJ-ROCK/POPバンド。09年5月31日の渋谷C.C.Lemonホールでのライヴを最後に無期限活動停止となったが、16年9月19日、チケットが瞬殺となった満員のZepp Tokyoワンマンライヴで再起動(活動再開)。17年3月にはフルアルバム『CONTINUE』をリリースした。

twitter Facebok google+ LINE