Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

万物流転 (LIVE VERSION)

 
鏡の中から叫ぶ おまえの声 聞こえない
移り変る時代を捨て 唇も凍えてる
森の木々は朽ち果てて 季節まで売りつくし
獣は生血を求め 街路樹に身体を隠す

風が咲かす炎の花に 香しく 目を閉じて
おまえは霧の中にまで 釣糸を垂らしてる
形も色も匂いも 何もかもないものと
戯れてるおまえを見て 哀しさを殺してた
神話をさまよう 一角獣みたいに
Ahh 転げ落ちていくよ どこまでも どこまでも
Ahh 水を掴むように やるせなく そう万物流転

銀の馬車に乗り込んで 無意識の御者に問う
夜が明けるのはいつかと 月明かりさえぎった
鏡の海を渡れば 水瓶の娘達
終末を舞いつづけてる 神殿の犠牲に
胸に隠したセラミックの刃
Ahh 何にも変わらない それなのに それなのに
Ahh 風を掴むような むなしさで ほら万物流転

一夜の酒宴のために 群狼の遠吠えを
肴に語り部の唄を かがり火に透かしてた
銀河に散る星屑が 俺の眼に降り注ぐ
新しい生命の為に 捧げようこの夜を
有限の未来を おまえと見たい
Ahh 転げ落ちていくよ どこまでも どこまでも
Ahh 気づかないふりして 今夜だけ そう万物流転
Ahh 何にも変わらない それなのに それなのに
Ahh 変わったふりしてる おまえのため ほら万物流転

Ahh 転げ落ちていくよ どこまでも どこまでも
Ahh 気づかないふりして 今夜だけ そう万物流転
Ahh 何にも変わらない それなのに それなのに
Ahh 変わったふりしてる おまえのため ほら万物流転