Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夏の記憶

夏の記憶

  • 歌手:
    清浦夏実
  • 発売日:
    2007/10/24
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,267
 
遠くのびる青空
アスファルトゆれる蜃気楼
まぶしい季節のなかで
1人 立ちつくしている

もう二度と戻れない
駆けぬけた幼い日々には
今もこの胸 色あせず覚えてる
君が見せてくれた夢

いつだって見ていた
何もない空が
あたりまえじゃないこと
今気づけたから

熱い風を振り切って
走れ 気持ち 止まらずに
あの日 君と交わした約束
いつも強く残るから
光射す道を
ずっと進んでいける

いつか夏の終わりが
来ること 気づいていたよ
強がる私 涙の跡かくして
君にサヨナラを告げた

不器用な痛みを
伝えられないまま
通り過ぎる
街のなかに消えてく君

流れ星を追いかけて
迷う時も傍にいた
あの日 君と見つけたまぼろし
空の両手 握りしめ
途切れた光を
1人つかめないまま

夏の匂いならぶ影
つなぐ右手離さずに
あの日 風に願った永遠
君を想う それだけで
強くなれたんだ
今も感じていれる

熱い風を振り切って
走れ 気持ち 止まらずに
夏の記憶 1人抱きしめて
君を超えていけるかな
光射す道を
ずっと進んでゆこう
空のむこう側まで