Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

キミノテノヒラ

キミノテノヒラ

  • 歌手:
    槇原敬之
  • 発売日:
    2013/03/20
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 21,876
 
久しぶりに訪ねた
友達は少し
やせて見えたけれど
悪くはないね
スーツ姿でいつでも
飲み会に遅れて来た
あの頃の面影が
どこにも見当たらない

花屋に転職したと
打ち明けた時に
驚かなかったのは
僕だけと言うけど
いつも一生懸命
何かをしてたから
君なら何だって
平気だと思ってた

手がね ぼろぼろに
なっちゃうんだよ
恋人の写真をながめるように
手のひらをじっと見つめながら

君は笑ってた
本当に笑ってた
それは生きていることを
誰のせいにもしていない笑顔
僕も同じように
いつか笑いたい
この先に続く道にも
足跡を残したい

“あじさいは切口を
少し火で燃やすんだよ”
僕の知らないことを
教えてくれた
つらくなった時だけ
それでも何もないふりで
会いに来る自分が
少しはずかしい

じゃあね 別れ際に
握手をした 君の手のひらは
ひびわれてて とてもかわいていたけれど

とてもあたたかいね
本当にあたたかいね
ちょっと枯れかけた
気持ちにそっと水をまいてくれる
ナイショにしていた
落ちこんでること
気付かないわけはないよと
君の手が言ってた

僕も笑えるよ
きっと笑えるよ
自分が生きてることを
誰かのせいにするのはやめよう
どちらかと言えば
やわらかい僕の手が
いつか誰かに何かを
伝える日が来るように

いつか誰かに何かを
伝える日が来るように