Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

perennial

perennial

  • 歌手:
    日食なつこ
  • 発売日:
    2019/08/07
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,245
 
白妙の雲いざ高く昇れ
及ばない僕のことを攫え

白旗を揚げる暇もなく日々はゆく
一度二度のコースアウトはご愛嬌のうち

当たり前に起きて寝てたまに泣いて生きてる
称えられることのない目まぐるしき人生
花のように軽やか 渚のように晴れやか
今はまだ聞こえない 透明な喝采
いつの日にか届きますように

仕方のないことは笑ってしまえ
及ばない僕のままで進め

当たり前に光も不幸も時と共に去ってく
悲しがることはない それこそが人生
稲穂のようにしなやか 胡桃のように柔らか
溢れ返る季節をすり抜けるように
人は道を歩むんでしょう

What the colt learns in youth he continues in old age
The same for me, and the same to you

当たり前に起きて寝てたまに泣いて生きてる
称えられることのない輝かしき人生
花のように軽やか 渚のように晴れやか
駆け抜けるその背に 降り注ぐ喝采
明日の僕が気づきますように

明日の君が気づきますように