Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

VIPER

VIPER

  • 歌手:
    雨宮天
  • 発売日:
    2019/07/10
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 873
 
シックなスーツに嘘を着飾るVIPER
浮ついた街角に佇むVIPER
無垢な天使の唇の裏 牙を潜めたVIPER

お好きなカードをどれか一つ選んで
指し示された絵柄は貴方の運命
それはこの世の何よりも美しい色したPOISON

甘ったれた先入観
しみったれた楽観論
既定路線の最終回
切り刻んで問題外
背筋を震わせる歌声を聞かせてよ

違うそうじゃない そんなんじゃない
もっと綺麗にバタついて
ロマンチックに乱れてみせてよBABY
そんなもんじゃない 全然足りない
もっとキュートに苦しんで
一度だけの瀬戸際味わうVIPER
夜が明けたら何処に消えてくのVIPER

雁字搦めに心を縛ってVIPER
意識途切れる寸前に囁くSWEET WORD
悪魔じみてる微笑みの裏 何を想うのVIPER

崖っぷちの肯定感
嘘っぱちの一般論
既定路線の最終回
踏みつけて問題外
魂を震わすメロディを聞かせてよ

違うそうじゃない そんなんじゃない
もっと優雅にバタついて
ロマンチックに足掻いてみせてよBABY
そんなもんじゃない 全然足りない
もっと惨めに悦んで
一度だけの瀬戸際味わうVIPER
散り敷かれた狂騒にじゃれつくVIPER

拭っても消えない黒い罪の烙印
遅すぎた光なんて見せないでよ
言わないでよ…

「ちがうそうじゃない。そんなんじゃない。」
ふ、となにかに撫でられて アキメネスの花びらが一つ落ちた
ああ 何も見えない 聞こえない
気づかれないようにそっと水槽に沈められていたダイヤ
砂に埋もれ見えなくなったDESIRE
永遠に伝わることのないCYPHER