Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Ao

Ao

  • 歌手:
    上白石萌音
  • 発売日:
    2019/07/10
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 572
 
蒼くゆれる月のあかり
鏡の前ではありのまま
もう背伸びは必要ないと
ほっとしてる自分に気づいたの

あなたが好きな苦い珈琲 心まで少しほろ苦いね

ふたり見上げた真冬の星座 つたない恋をさらって消えた
めぐる季節を告げる夏の大三角 きっと思い出は
あの日の星のように 小さく輝いている

部屋の隅に置き忘れた
読みかけの本を開く風
あなたが聴く音楽さえ
きっと、私 無理に合わせていた

深い藍を広げた夜空 大人にはゆっくりとなればいい

いつか見つけた真冬の星座 今頃どこを旅しているだろう
ひと差し指でなぞる夏の大三角 今日もこの街で
誰かの物語 優しく見つめているよ

ふたり見上げた真冬の星座 思い出すのはあわい温もり
めぐる季節を告げる夏の大三角 きっとこの恋も
あの日の星のように 小さく輝いている