Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夜空にきらめく花

夜空にきらめく花

  • 歌手:
    はちみつロケット
  • 発売日:
    2018/08/08
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,067
 
君がずっと笑ってくれたから 君をもっと好きになってしまいそうで
夏の終わりに 繋いだ右手 夜空にきらめく花

出会った頃は 何でもない友達だと思ってたけど
気付けば 君の後ろ姿 追いかけていたの
波音聞こえる砂浜で たわいもない話したよね
来年みんなで また来ようなんて言ったけど

ほんとはね 君と二人だけの約束して
焼けた肌も 濡れた髪も 独り占めしたい

君がずっと笑ってくれたから 君をもっと好きになってしまうから
その口癖も 鞄の傷も うつむいた睫毛も
あの日ずっと隣にいたことも 見上げた空が 切なく綺麗だった
夏の終わりに 繋いだ右手 夜空にきらめく花

いつもの教室に並んだ 机に秘密のおまじない
誰にも気付かれないように 君の名前書いた

帰り道 偶然同じ駅で 会えた時も
言いたかった 言えなかった 君が好きだよ

夏空 切なくて 愛しくて 心が会いたいと叫んでいるよ
君の横顔 長い前髪 私だけのmezzanine
もうすぐ君は遠くへ行くと 噂で聞いても信じたくなかった
夏の終わりに 繋いだ右手 夜空に咲く花火が 消えてゆく時
隣で 君の名前呼んだ あの夏の日 忘れないよ

さよなら もう君に会えなくて 涙がこんなにも零れ落ちるって
ありがとうさえ 伝えられずに 季節が変わってく
君がずっと笑ってくれたから 君をもっと好きになってしまったから
夏の思い出 永遠のまま 夜空にきらめく花