Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

道連れ

道連れ

  • 歌手:
    鳴ル銅鑼
  • 発売日:
    2017/09/06
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 1,839
 
全部奪っていって
痛くても構わないから
刹那を私に喰らわせて

どうぞ漁っていって
泣いては吐いてを繰り返す
無様な私を美味しく頂いて

飼い慣らした筈の過去が
睨み付けて
私の傷を 罪を 晒し上げる

攫って 犯して 満たしていて
廃になるまで抱いて
嗤って 叱って 汚していて
何処までも清く…

もっと触っていて
貪り食う様に引っ掻いて
痕が残る迄噛み付いて

いっそ壊しちゃって
剥いでも削いでも蘇る
淫らな記憶を露わに取り出して

春時雨が 息潜めて
当たり前の様な顔して
堕ちる日々を濡らす

判って 至って 来していた
声に出すほど泣いて
荒んで 濁って 去っていった
美しき日々よ…

芽吹く事も 枯れる事も
出来ぬままで
ふしだらに咲く花は 悲しいだけ

攫って 犯して 満たしていて
廃になるまで抱いて
嗤って 叱って 汚していて
何処までも清く

全部奪っていって
痛くても構わないから
どうせなら貴方を道連れに